おすすめ

最新記事

◆日本代表◆W杯アジア最終予選、勝ち点16に3か国が並ぶ大接戦!厳しい現実を忘れた日本の暢気 by 杉山茂樹





1:_USER9[グループB]

1.日本(16)+9
2.サウジアラビア(16)+7
3.オーストラリア(16)+6
4.UAE(9)-3
5.イラク(4)-3
6.タイ(1)-16

⇒勝ち点16に3か国が並ぶ大接戦。厳しい現実を忘れた日本の暢気(杉山茂樹)

シリアにホームで1-1。結果に加え、試合内容もよろしくないーーとは、衆目の一致する見解であるハズだ。ところが、結果を受けての報道を見る限り、批判的な内容は少ない。よかった箇所を可能な限り見つけ出し、期待感を抱かせようとする、よくいえば優しい報道が目立つ。

いまに始まった問題ではない。従来と変わらぬ、驚くに値しない話だが、どうして毎度、こうなってしまうのか。悪いモノを悪いとストレートに述べることは確かに芸がない。だが、よい箇所を必死に見つけようとする姿は、不自然。まさに木を見て森を見ず、だ。大局観に乏しい、アゲアゲ報道になる。

2018年ロシアW杯、アジア最終予選は残すところ3試合。日本はB組で現在、首位に立つ。だが、2位サウジアラビア、3位オーストラリアとの差はわずか。日本がシリアと戦った翌日、サウジアラビアとオーストラリアが直接対決を行い、結果は3-2でオーストラリアだった。

その結果、日本の消化が1試合分少ない暫定順位ながら、3チームが同じ勝ち点(16)で並ぶことになった。もし、サウジアラビア対オーストラリアの一戦で、サウジアラビアが勝利していれば、オーストラリアは大きく後退し、サウジアラビアと日本のマッチレースの様相が濃くなった。つまり、日本が2位以内(自動出場)に入る可能性は増した。日本の望む所だったが、結果はその逆に終わった。残り試合が1試合多いとはいえ、日本はサウジアラビア、オーストラリアとの試合を残している。次戦(6月13日・テヘラン)の相手も、シリアより少し強そうなイラク。予断を許さない情勢だ。

かつてない接戦である。開催国枠で出場した2002年日韓共催W杯を除けば、ジョホールバルの戦いで知られる1997年フランスW杯予選以来だ。

楽勝ボケ。暢気。なによりメディアにその自覚がない。シリア戦後の報道で目立ったのは、インサイドハーフで起用された本田圭佑と、起用したハリルホジッチを評価する声だ。

本田はハリルホジッチが「所属チームで出場機会が少ない選手は使わない」と言ったにも関わらず、一度も落選しなかった監督から寵愛を受けている常連中の常連だ。ハリルホジッチの下で出場数は20試合を越える。にもかかわらず、4-3-3のインサイドハーフで試されたのは、最終予選残り3試合という段になった今回がほぼ初。遅すぎである。いままでいったい何やってきたのか。それこそが突っ込むべきポイントだ。 シリアにホームで1-1。結果に加え、試合内容もよろしくないーーとは、衆目の一致する見解であるハズだ。ところが、結果を受けての報道を見る限り、批判的な内容は少ない。よかった箇所を可能な限り見つけ出し、期待感を抱かせようとする、よくいえば優しい報道が目立つ。

いまに始まった問題ではない。従来と変わらぬ、驚くに値しない話だが、どうして毎度、こうなってしまうのか。悪いモノを悪いとストレートに述べることは確かに芸がない。だが、よい箇所を必死に見つけようとする姿は、不自然。まさに木を見て森を見ず、だ。大局観に乏しい、アゲアゲ報道になる。

2018年ロシアW杯、アジア最終予選は残すところ3試合。日本はB組で現在、首位に立つ。だが、2位サウジアラビア、3位オーストラリアとの差はわずか。日本がシリアと戦った翌日、サウジアラビアとオーストラリアが直接対決を行い、結果は3-2でオーストラリアだった。

その結果、日本の消化が1試合分少ない暫定順位ながら、3チームが同じ勝ち点(16)で並ぶことになった。もし、サウジアラビア対オーストラリアの一戦で、サウジアラビアが勝利していれば、オーストラリアは大きく後退し、サウジアラビアと日本のマッチレースの様相が濃くなった。つまり、日本が2位以内(自動出場)に入る可能性は増した。日本の望む所だったが、結果はその逆に終わった。残り試合が1試合多いとはいえ、日本はサウジアラビア、オーストラリアとの試合を残している。次戦(6月13日・テヘラン)の相手も、シリアより少し強そうなイラク。予断を許さない情勢だ。

かつてない接戦である。開催国枠で出場した2002年日韓共催W杯を除けば、ジョホールバルの戦いで知られる1997年フランスW杯予選以来だ。

つづく

杉山茂樹  | スポーツライター

6/9(金)

20:45
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20170609-00071921/
引用元: 【サッカー】<杉山茂樹 >W杯アジア最終予選、勝ち点16に3か国が並ぶ大接戦!厳しい現実を忘れた日本の暢気©2ch.net
[][]

2:_USER9楽勝ボケ。暢気。なによりメディアにその自覚がない。シリア戦後の報道で目立ったのは、インサイドハーフで起用された本田圭佑と、起用したハリルホジッチを評価する声だ。

本田はハリルホジッチが「所属チームで出場機会が少ない選手は使わない」と言ったにも関わらず、一度も落選しなかった監督から寵愛を受けている常連中の常連だ。ハリルホジッチの下で出場数は20試合を越える。にもかかわらず、4-3-3のインサイドハーフで試されたのは、最終予選残り3試合という段になった今回がほぼ初。遅すぎである。いままでいったい何やってきたのか。それこそが突っ込むべきポイントだ。

写真:岸本勉/PICSPORT

次戦対イラク戦は、先述したように、敗戦が許されない大一番だ。本田のインサイドハーフが、そこで機能すると強い確信を抱いたなら話は別だが、実際は、そこまでよい出来だったとは思わない。

プレッシャーを浴びたり、スピードを上げた時、踏ん張りが利かなくなっている点こそが本田の問題。シリア戦でも、利き足ではない右足でのシュートだったとはいえ、2度の決定的場面で、いずれもバランスを微妙に崩していた。正直、入りそうな雰囲気はしなかった。

もはやFWとしての決定的なアクションは望めないが、インサイドハーフとしてならボロは出にくい。インサイドハーフが適役に見えたというより、アタッカーとしての迫力不足を改めて露呈させた一戦。僕にはそう見えた。

前から述べているのは守備的MFだ。適役というのならこちら。他の原稿でも触れたことだが、日本の一番の問題点は、4-3-3のアンカーに山口蛍が収まったことだ。長谷部の戦線離脱で、彼が守備的MFを仕切ることになったが、そのポジションの選手が備えているべき存在感というものが発揮できていない。仕切れていないのだ。キャラ的には、本田こそが適役。だが、いまという時期を考えれば、これも机上の空論になる。

本田ともに乾貴士を評価する声もある。だが、彼が交代選手としてピッチに登場したのは後半15分で、試合後、彼本人も認めていた通り、シリア選手の体力面は、落ち始めていた頃だった。プレッシャーが厳しくない中でのプレーだったことを考慮すれば、あれくらいやるのは当然だ。割り引いて考える必要がある。

とはいえこの場合、突っ込むべき相手は乾ではない。ハリルホジッチだ。彼は、就任当初こそ乾を招集したものの、その後、実に約2年間もメンバーに加えようとしなかった。ずっと見切っていた。いまさら招集した理由は、彼がバルセロナ戦で2ゴール挙げたから。状況的に呼ばざるを得なくなったので呼んだ。呼ぶべきタイミングはいくらでもあったのに、イラクとの大一番を控えたいまとなってしまった理由は、見る目がなかったからと言われても仕方がない。

汚名返上と行きたいのなら、少なくとも試合の頭から起用するべきだった。後半15分からの出場では、テスト時間は30分。しかも相手の体力を考えれば、その中身は甘くなる。よく見えて当然。

監督采配は、突っ込みどころ満載であるにもかかわらず、そこは触れず、希望的な話をしようとする。「どうせ皆さんは私のことを叩くのでしょ」と、ハリルホジッチは試合後、自虐的な言葉を吐いていたが、そうした心配は杞憂に終わった。読みは大きく外れることになった。

予選で、かつてないピンチを迎えているにもかかわらず危機感ゼロ。メディアの息づかいは、ファンに即、伝染する。となれば楽観ムードは、日本中に蔓延する。それこそが、日本にとっての一番の敵だ。もしこれで、B組の3位に沈み、プレイオフに回ったなら間抜けだ。とんだお笑い種である。

3:日本は1試合未消化だけど

137:>>3
これなw

7:4-2-3-1
サッカー偏差値



9:杉山サンは日本代表の心配をする前に、自分のサッカー評論家として地位を心配した方が良いと思う。割りとマジで。

61:>>9
杉山サンはサッカー関連スレでソンフンミン持ち出して賛美するヤツと同じジャンルだろ。


11: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2017/06/10(土)

12:

38:56.09 ID:/f2d2vbw0モチベーションのないイラクに負ける方が大変だよ

14:実際に選手や監督の雰囲気が暢気かどうか取材しないでTVや新聞の報道にだけ文句言ってるって、もうスポーツライターでも何でもないだろ。

67:>>14
こことヤフコメやな


15: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2017/06/10(土)

12:

41:29.97 ID:/f2d2vbw0やきうの世界一争いてワールドカップでのベスト16程度でしょwww

20:>>15
そんな高くないだろ

78:>>15
WBC全試合の世界視聴者数ってアジア予選の総視聴者数にも届いてないだろうな。

18:>>1
なんで同じ事を2回言うの?

66:>>18
それこそが突っ込むべきポイントだ。(引用)

35:で、岡ちゃんには謝ったのかよ?

36:案の定ACLの件には触れない朴山さん

43:もちろんまだ決定してない以上楽なわけではないけど
現状はピンチでもなんでもないだろ

ハリルの采配というかチーム作りがツッコミどころ満載ってのは同感だけど

48:文が長いだけで中身が全くない
「ハリルが嫌い」この6文字だけでいい

49:大一番のイラク戦てw
大一番は前回のアウェーUAE戦だろ
それに勝ってチームとして緩みが見えたから
今回ハリルがショック療法的にメンバーの入れ替えを行った
本番前に親善試合を挟む日程だから出来たことでもある
シリア戦の内容は最悪だったが選手の緩みが消えたならハリルの思惑どおりってこった

57:一番怖いのはコンフェデを戦い世界仕様になったオーストラリアにホームで敗れること

日本 19
サウジ 19or17と仮定
オーストラリア 19

こうなると最終戦がvsタイのオーストラリアは勝ち抜け決定
日本はアウェーでサウジと対戦。はっきり言ってジョホールバル以上に厳しい戦いを強いられる

86:>>57
>コンフェデを戦い世界仕様になったオーストラリア

それは大丈夫
オーストラリアはオセアニアの協会にいた時代からコンフェデは結構戦ってるから

64:次とりあえず負けなきゃ良いんだろう

69:>>64
いやいや、イラクに勝っても、オーストラリアと引き分けなら大変なことになる
それくらい最後のアウェーサウジは厳しいってこと

83:>>69
それなら豪は最大勝ち点4なんだから日本を上回れないぞ?
得失点差も日本は+9で豪は+6。イラクに勝てば+10以上
最終戦で豪は最低4点差をひっくり返す必要が出てくる

89:>>83
最終節はホームでvsタイだよ?
4-0、5-0は当たり前だと思うが

94:>>89
タイに4点差5点差なんて簡単に出来るわけないだろ今の豪に
サウジ戦もボロボロだった

80:/gM1uX0小倉新監督よ、下を向くな。ベンゲル時代を想起させるグランパス
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2016/02/24/post_1077/

>目に飛び込んできたサッカーに、悪いイメージを抱くことはなかった。
>新人監督としてはむしろ上々。「スジのよさ」さえ感じさせるほどだった。

杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by AFLOカンプノウ並みの衝撃。吹田スタジアムでサッカー観戦が変わる
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/2016/02/17/post_1073/

>「小倉隆史新監督大丈夫か?」とのムードが漂い始めているが、
>吹田スタジアムの最上階から見る限り、内容はさほど悪くなかった。

>試合後の記者会見で胸を張ったのはG大阪、長谷川監督。小倉監督は終始うつむき加減だった。
>記者席から俯瞰で見た印象と、それぞれは異なる反応をした。もっと自信を持つべきは小倉監督。

杉山茂樹●文 text & photo by Shigeki Sugiyama

117:>>80といい
岡田ジャパン0勝3敗といいこいつはライター向いてない
失格だな。

93:ジーニアスの人だっけ?

144:/iM0汚杉は通常運行だな
このエントリーをはてなブックマークに追加
...