おすすめ

最新記事

【山口×福岡】 止めようがなかった規格外のFWウェリントン

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 J2の第2節 J2の第2節。昇格2年目のレノファ山口と降格1年目のアビスパ福岡が維新百年記念公園陸上競技場で対戦した。2016年は山口がJ2、福岡がJ1だったのでJリーグの舞台では初めての対戦となる。ただし、昨シーズンの天皇杯の2回戦で対戦しており、このときは山口がPK戦にもつれ込む死闘を制した。山口は開幕戦でFC岐阜と対戦して2対2のドロー。福岡はホームで大分と対戦したが1対2で敗れて黒星スタートとなった。 ホームの山口は「4-2-3-1」。GK山田。DF前貴之、福元、宮城、星雄次。MF三幸、小塚、鳥養、高柳、小野瀬。FW岸田。復活が期待されるエースのFW岸田は1トップの位置で2試合連続スタメン。開幕のFC岐阜戦(A)で2ゴールを挙げる大活躍だった。C大阪に移籍したMF福満に代わってボランチが本職となるMF高柳がトップ下で起用されている。DF宮城とDF星雄次とMF鳥養の3人は今シーズン初スタメンとなった。 対するアウェイの福岡は「4-2-2-2」。GK杉山力。DF駒野、冨安、岩下、亀川。MFダニルソン、三門、山瀬功、石津。FW松田力、ウェリントン。開幕戦はボランチの位置でスタメン出場したU-20日本代表候補のDF冨安がCBでスタメン出場。コロンビア代表経験のあるMFダニルソンが初スタメンとなった。攻撃的なポジションの顔ぶれは変わらず。FWウィリアン・ポッピ、MF城後、FW坂田はベンチスタートとなった。 2対1でアウェイのアビスパ福岡が逃げ切る。 序盤は山口が優勢。1トップのFW岸田の裏への飛び出しから惜しいシーンを作る。やや劣勢の福岡だったが前半13分にDF駒野のCKからFWウェリントンが豪快に頭で決めてアウェイの福岡が先制に成功すると前半39分にはMF三門のパスを受けたMF石津のミドルシュートがコース隅に決まって貴重な追加点のゴールを奪った。FWウェリントンとMF石津はともに今シーズン初ゴールとなった。前半は2対0で折り返す。 2点ビハインドとなった山口は後半開始からトップ下のMF高柳と右SHのMF鳥養を下げてMF米澤とMF佐藤健を投入。ハーフタイムにテコ入れを図るとこの交代策が成功。後半は打って変わってホームの山口ペースで進んでいく。すると後半9分にMF三幸の横パスを受けたMF小塚が右足で豪快なミドルシュートを決めて山口が1点差に迫った。J1の新潟からの期限付き移籍となるMF小塚はJ2では初ゴールとなった。 その後も山口がボールを保持して攻め込んだがこの日の山口は勝負のパスの精度を欠いてボールを支配している割にはなかなか決定機を作れなかった。結局、2対1でアウェイの福岡が逃げ切って今シーズン初勝利を挙げた。これで福岡は1勝1敗。後半は押し込まれたが何とか1点リードを守り切ることができた。敗れた山口は1敗1分け。次はアウェイで大分と対戦するが早く今シーズンの初勝利を手にして落ち着きたい。 苦しいスタートを切ったレノファ山口 山口はホーム開幕戦を飾ることはできなかった。オフにMF庄司やMF福満やMF島屋やDF小池龍など主力が大量流出したのでその影響が心配されていたが2試合で1敗1分け。MF三幸とMF小塚のWボランチを中心に攻撃のリズムやテンポなどはそれほど悪くないが昨シーズンと比べると攻撃が単調になっている。FW岸田の状態が良さそうなのはいいニュースと言えるが、2列目の人選は全く固まっていない。 開幕のFC岐阜戦(A)は右にMF清永、中央にMF高柳、左にMF小野瀬を置いたが、今節の福岡戦(H)は右にMF鳥養、中央にMF高柳、左にMF小野瀬を起用した。他にはMF米澤やMF岡本英やDF星雄次やMF池上やMF加藤大やMF和田昌などを2列目で起用する選択肢があるので選択肢自体は多いが、現状ではMF小野瀬が頭半分ほどリードしている程度。MF高柳の起用法も含めて最適解を探している段階と言える。 攻撃が単調になりがちな理由の1つとして昨シーズンと比べると左右のSBを生かしきれていない点が挙げられる。2016年は右SBのDF小池龍の攻撃参加が大きな武器になっていたがDF前貴之はバランス型の右SBなので右サイドを積極的に駆け上がってクロスを入れるシーンはほぼ無い。DF香川勇やDF星雄次が起用されている左サイドの方が攻撃に関してはスムーズであるが十分なプレーが出来ているとは言えない。 これだけメンバーが入れ替わった割には攻撃のリズムやテンポに関しては昨シーズンと比べても大きな違いは感じられないので短期間で一定以上のレベルまで仕上げてきた上野監督はさすがと言えるが、しばらくの間は苦しい試合が続くだろう。守備的なポジションはDF福元やDF渡辺広やGK山田などが加入したことで「個の力」はアップしたがやはり攻撃型のチームなので攻撃陣が頑張らないと勝ち点は伸ばせない。 アンストッパブルだったFWウェリントン 一方の福岡は近隣クラブの山口を下して初勝利を手にした。今シーズンは昇格候補の一角に挙げられているが開幕戦は黒星スタート。良いスタートを切ることが出来なかったがこの勝利で落ち着くことが出来るだろう。大分との開幕戦(H)はボランチの位置で出場した18歳のDF冨安をCBの位置に下げて加入2年目となるMFダニルソンをボランチで起用したがこれが大成功。MFダニルソンは攻守に効いていた。 攻撃では何と言ってもFWウェリントンが目立ちに目立った。DF宮城あるいはDF福元とマッチアップするケースが多かったが完勝。空中戦でも地上戦でもチームに大きく貢献をした。特に空中戦のバトルは圧巻だった。1人で止めるのは難しい状況だったので前半の途中あたりから山口の選手が2人あるいは3人でFWウェリントンをケアするようになったがそれでも優勢。高さと強さに関しては尋常ではなかった。 昨シーズンは怪我の影響もあって29試合で5ゴール。力を出し切れなかった。FWウェリントンが本来の力をJ1で披露することが出来なかったことが福岡が降格となった大きな理由の1つと言わざる得ないがJ2においては突出した実績を持つ選手で、空中戦の勝負が多くなるJ2の舞台では本当に頼りになるCFである。彼に早い段階で今シーズン初ゴールが生まれたのは本人はもちろん、チームにとっても非常に大きい。 そもそもとしてJ1の中に混じっても屈指の実力を持つCFなのでJ1で通算45試合で8ゴールと結果を出せていないことが信じられない話であるが怪我なくJ2の試合に出続けることが出来れば最低でも15ゴールは計算できる。ここまでの2試合はFW松田力やMF山瀬功が攻撃の部分でおとなしいので山口と同様で組み合わせに関しては再考の余地があるがそれでもフォワードの軸がしっかりしている点は福岡の強みである。 J1リーグ (第2節) ・ 【J1】 ジュビロ磐田 vs ベガルタ仙台で出来が良かったと思うのは誰ですか? 95票 ・ 【J1】 サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルスで出来が良かったと思うのは誰ですか? 81票 J2リーグ (第2節) ・ 【J2】 湘南ベルマーレ vs ザスパクサツ群馬で出来が良かったと思うのは誰ですか? 140票 ・ 【J2】 名古屋グランパス vs FC岐阜で出来が良かったと思うのは誰ですか? 339票 ・ 【J2】 京都サンガ vs 徳島ヴォルティスで出来が良かったと思うのは誰ですか? 42票 ・ 【J2】 レノファ山口 vs アビスパ福岡で出来が良かったと思うのは誰ですか? 32票 ・ 【J2】 愛媛FC vs 松本山雅で出来が良かったと思うのは誰ですか? 66票 ・ 【J2】 ファジアーノ岡山 vs ロアッソ熊本で出来が良かったと思うのは誰ですか? 132票 現在の投票数 32票 最大で8名まで選択して投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2016/05/29 【Jリーグ】 53クラブの中で「面白いサッカーをしているチーム」はどこだろうか? (前編) 2016/05/30 【Jリーグ】 53クラブの中で「面白いサッカーをしているチーム」はどこだろうか? (後編) 2017/01/28 【J2】 2016年-2017年 冬の戦力補強の最終評価 (モンテディオ山形・水戸ホーリーホック・ザスパクサツ群馬編) 2017/01/29 【J2】 2016年-2017年 冬の戦力補強の最終評価 (ジェフ千葉・東京ヴェルディ・町田ゼルビア編) 2017/01/30 【J2】 2016年-2017年 冬の戦力補強の最終評価 (横浜FC・湘南ベルマーレ・松本山雅編) 2017/02/03 【J2】 2016年-2017年 冬の戦力補強の最終評価 (ツエーゲン金沢・名古屋グランパス・FC岐阜編) 2017/02/04 【J2】 2016年-2017年 冬の戦力補強の最終評価 (京都サンガ・ファジアーノ岡山・レノファ山口編) 2017/02/06 【J2】 2016年-2017年 冬の戦力補強の最終評価 (カマタマーレ讃岐・徳島ヴォルティス・愛媛FC編) 2017/02/08 【J2】 2016年-2017年 冬の戦力補強の最終評価 (アビスパ福岡・V・ファーレン長崎・ロアッソ熊本・大分トリニータ編) 2017/03/03 【J2】 「ビッグマウス発言」のMF高井和馬(ザスパクサツ群馬)でJリーグで活躍できるか? 2017/03/06 全記事一覧(2005年-2017年)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...