おすすめ

最新記事

【戸塚啓コラム】“優良銘柄”に夢と未来はあるか。Jクラブ身の丈経営の良し悪し。 - livedoor

【戸塚啓コラム】優良銘柄に夢と未来はあるか。Jクラブ身の丈経営の良し悪し。 例年以上に活発な印象がある。Jリーグの移籍市場だ。 Jリーグは昨年からダゾーンとライブストリーミングサービスの契約を結んだ。それに伴う契約金を原資として、Jリーグ側からJ1、J2、J3の各クラブに賞金などが配分されることになった。 均等配分金を例にとっても、J1クラブはそれまでのほぼ倍額となる3・5億円、J2が1億円から1・5億円、J3が倍額の3000万円を受け取る。増額分をそのままチーム人件費に充てれば、J1なら以前の倍の投資を借金なしでできるわけだ。 J1クラブに割り当てられる理念強化配分金も、各クラブの投資意欲をかきたてるだろう。優勝すれば次のシーズンから3年総額で15・5億円、2位は7億円、3位は3・5億円、4位でも1・8億円を受け取ることができる。 17年シーズンのJ1を制した川崎Fは、J1リーグの優勝賞金、均等配分金、理念強化配分金、ルヴァンカップ準優勝の賞金を合わせて、総額22・5億円がクラブの収入に上乗せされることになった。さらに加えて、ACL出場クラブに対する強化費も収入の欄に加わる。 結果を残したチームだけではない。降格クラブへの目配せもある。 J1からJ2へ降格したチームは、均等配分金が3・5億円から1・5億円に減ってしまうが、降格1年目のみ前年の80パーセントが保証される。これにより、18年はJ2の一員となった甲府、新潟、大宮には、2・8億円が配分されるのだ。 各クラブのチーム人件費は、そもそも増加傾向にある。最新のデータとして公開された16年度のチーム人件費で、34クラブが増収を記録しているのだ。全クラブの総額では、15年に比べておよそ22億円の増加となっている。チーム人件費により多くの金額をつぎ込むクラブが増えていたなかで、『ダゾーン』による分配金が移籍市場をさらに活性化させた、という構図なのだろう。 もっとも、ビッグネームの補強は見当たらない。名古屋が元ブラジル代表FWのジョーを獲得したが、元C大阪のフォルランや現神戸のポドルスキほどのインパクトはない。昨シーズンまでJリーグでプレーしていた、あるいは過去にプレーしたことのある外国人選手が、どのクラブにとっても優良銘柄となっている。 外国人選手の獲得には、リスクが付きまとう。それだけに、戦力として計算が立つ人材が魅力的に映るのだろうが、少しばかり寂しい印象もある。 補強を含めたチーム編成は、シーズンの目標からの逆算で組み立てられる。そのうえで各クラブの編成をチェックしていくと、目標として透けて見えるのは「Jリーグ優勝」だ。あるいは、「リーグ優勝を目ざしながらACLも狙う」といったものである。 それが悪いとは言わない。身の丈に合った経営は、もちろん大切である。ただ、リーグ全体がこじんまりとし過ぎていないか。 「クラブW杯で上位進出を狙う」といったような、より大きな目標を感じさせるクラブが出てきてくれたらとも思う。世界の舞台での戦いを意識して編成をするクラブが、である。 戸塚啓 1968年生まれ。'91年から'98年まで『サッカーダイジェスト』編集部に所属。'98年秋よりフリーに。2000年3月より、日本代表の国際Aマッチを連続して取材している 「戸塚啓」をもっと詳しく NZ戦で見えたハリルジャパンの基本的な課題 ゴールを狙うという意識 戸塚啓氏が語る 東京五輪サッカー代表監督に最適な人物とは U-23選手権、中国戦の敗戦が示す日本の問題点 戸塚啓氏が指摘
このエントリーをはてなブックマークに追加
...