おすすめ

最新記事

【日本代表】サウジ戦でガタガタ。本田の去就より深刻な、ボランチ問題





1:_USER9オーストラリアに勝っておいてよかった――サウジアラビア戦を見た後の率直な感想だ。勝利が不可欠な試合でなくて助かった。

 6勝2分2敗(勝ち点20)で、日本はこのグループを首位で通過したが、2位サウジアラビア(19)、3位オーストラリア(19)との勝ち点差はわずか1。大接戦をきわどく制した格好だ。4位に終わったUAE(13)も実力的には3チームと紙一重。5位のイラクにも、日本はホーム戦、アウェー戦ともに接戦を強いられた。

 今回は、2006年ドイツW杯以降に行なわれた過去3回の予選より、苦戦したと言える。首位通過とはいえ、喜びより心配の方が勝る終わり方だった。

 強いチームには見えない。W杯本番で番狂わせを起こし、ダークホースとして快進撃を続ける姿を、ハリルジャパンにイメージすることはできないのだ。

 なによりサッカーそのものがよくない。バタついていて落ち着きがない。従来のサッカーとの違いは、これまでにも述べてきたので、詳しい言及は避けるが、ハリルが唱える「縦に速いサッカー」に、可能性を抱くことができないのだ。

 メンバー構成の悪さも輪を掛ける。中心選手不在。ハリルホジッチのサッカーは、それ以前とかなり違うので、そのサッカーを理解し、リードする人物が不可欠になる。その特異なサッカーを実践しようとすれば、ピッチで監督に代わって音頭を取る監督的な選手が必要になる。リズム、テンポ、行くべきか、自重すべきか、を決定する選手だ。

 ポジション的には、この日、長谷部誠に代わり4-3-3のアンカーの位置に入った山口蛍がその役になる。だが、彼には長谷部のようなキャプテンシーが欠けている。技術もそれなりに高く、ボールを奪う力もあるが、中心選手に不可欠なメッセージ性の高いプレーができない。存在感、スケール感に乏しいのだ。

 もっとも、長谷部が出場していれば解決した問題でもない。何を隠そう、8月31日のオーストラリア戦で、プレーそのものが最も不安定だった選手が長谷部だった。ノーミスで通すことが求められるポジションで、ミスを繰り返した。

 問題ありだった選手が、チームを離れたそのわずか5日後、今度は、復帰が待たれる選手に一変した。笑えない話とはこのことだ。

 長谷部、山口が、それぞれオーストラリア戦、サウジアラビア戦で任されたアンカーは、いわばチームの心臓部だ。そこが頼りなければ、ゲーム運びに味が出ない。落ち着きも生まれない。好チームの定義から外れることになる。

 ハリルホジッチは自らが提唱したサッカーが、就任して2年数か月の間にチームに浸透したと思っているのだろうか。このサッカーでいけると確信を得ているのだろうか。筆者はノーだと思う。

つづく

9/6(水)

17:17配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00010005-sportiva-socc&p=1

 


2:_USER9「今日はサウジアラビアを讃えたい」と、ハリルホジッチは試合後、祝福の言葉を送ったそうだが、客観的に見て、サウジアラビアはさして強い相手ではなかった。負けてはいけない相手に負けた。攻撃は展開力に乏しく貧弱。短いパスを同じリズムで繋ぐのみ。サイドも有効に使えず、攻撃は真ん中に偏った。後半18分、日本の失点シーンはまさにその結果だった。

 特段鋭くないサウジアラビアの真ん中を突く攻撃に、日本はズルズルと後退。最後は完璧に崩され、交代で入ったフハド・アルムワラドに、強いシュートを突き刺された。あってはならない話だ。日本が今まで以上に弱く見える、レベルダウンを象徴するような情けない失点だった。

 この試合の注目はスタメンだった。本番まで残り9カ月とはいえ、例えば4年前は、W杯イヤーに入ってから、現地に出発するまで、わずか2試合しか戦っていない。「国際Aマッチデーが、それしかなかった」とは、当時、専務理事だった原博実氏の弁だが、それに従えばハリルジャパンの残る試合数も、せいぜい7、8試合しかないことになる。今回のサウジアラビアとの真剣勝負(しかもアウェー戦)は、そうした意味でとても貴重だったのだ。まさにムダにできない試合に、ハリルホジッチは本田圭佑を先発で起用した。

「45分限定で使った。トップコンディションでないことは分かっていた」と、述べたらしいが、では、なぜ使ったのか。本田を特別扱いしていることを証明する台詞である。トップコンディションの本田を見たのはいつ以来か。こちらの記憶が曖昧なほど昔だというのに、ハリルホジッチは本田は復活するものと信じている。

 残り試合を考えると、この45分が実にもったいなく見える。他の選手に出場機会を与えた方が得策。これが常識的な判断だ。見切りをつけるべき時は迫っている。

 本田の方は代わりがいる。本田が去っても、商業的にはいざ知らず、サッカー的には痛手はない。だが、長谷部の場合は現状、山口蛍しか代わりがいない。

 サッカーの中身にも直結する問題だ。本田より深刻なのは長谷部のポジション。長谷部では危ない。山口蛍では心許ない。バルサで言うところの「4番」のポジションを誰に任せるのか。ハリルホジッチの縦に速い抑揚のないサッカーそのものの問題を別にすれば、最大の改善ポイントはここだと思う。

杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170906-00010005-sportiva-000-2-view.jpg

4:結局オーストラリアがまだ新しいスタイルに慣れてなかったってだけ?

201:>>4
オーストラリアが弱かっただけ

9:加藤恒平とはなんだったのか

106:>>9
本戦前にハリルに加藤の選考については説明して欲しいな、回答如何によっては本番前に交代もやむなしだろ

10:逆に長谷部には苦しい展開で蛍や井手口のようなミドルがないからな

38:>>10 長谷部にミドルがない?はぁ?
お前とオレで見てる長谷部が違うよーだな。

130:>>38
俺長谷部が飛び出して打つミドル好き

109:>>10
むしろ長谷部は苦しい時にしかミドルを打たない

16:相手突破の可能性のあるアウェイ消化試合を1-0で負けたからってなんなんだよ
1節残して首位突破決めてんだろ 予選突破のミッションは果たしてんだろ

大迫ベンチ外 香川長谷部帰国なら1.2軍くらいだろ
こいつらが最初から居ないなら今野 清武あたり呼べるんだろ?

23:さっさと長谷部のキャプテン枠を若手に譲らせないとさらに深刻に

30:蛍なんか使うなは正しい ベーハセもミスばかり

青山辺りを使っていれば経験値が上がったのに

31:前からのプレスで後ろの貧弱さをカバーするのが日本の守備
暑いし間延びしてたから守備も崩れて当然

守備陣にろくな人材居ないのは試合前から分かってたこと

33:ボランチこそ強くて高くて動けてパス上手い奴が必要なんだがな
特に相手GKからフィード一番飛んでくる位置だから長谷部くらいは欲しい
つーか長谷部はレッズ時代からは考えられないほど色々整いすぎ

48:アンカーなら今ちゃんでしょ
ぶっちゃけ

58:今野や森重なんてみんな30代じゃん
運動量見込めてプレスかけまくれる25歳以下抜擢しろよ

61:井手口が現れたおかげで救われたよな
いなかったら終わってただろ

62:なんつーかどっかりとした安定感のある奴おらんの?


77: サムライ2017/09/09(土)

16:

43:43.64 ID:/a6TTPcM0>>62
なんでだろな
ボランチに限らず中盤が小型化してってるのがかなり心配
身長厨じゃないけどあんま小さいのばかりもな‥

64:今野でいいよ。コンディション整える時間あげればまだまだやれるだろ

66:>>64

今野はコンディションが良ければ呼ぶよ。
恐らく高萩や小林より信用してるかと

74:長谷部34歳のバックアップが、今野34歳とかw
世界一の高齢化社会日本代表っぽい選考だなw

174:>>74
イタリアの方がオッサン軍団だぞ
韓国代表もベテランが多い

82:/nN0本番まで時間あるやん

84:サウジ戦は、サウジの監督が徹底定にリサーチして、前半でスタミナを消費させ、後半 
にスピードある選手をいれて、点をとる、うまくいつたと、言ってたな作戦どうりだとね 

86:MFでイマイチで180cm以上だとDFにさせたがるからボランチには小さいのしか集まらない

97:>>86
勿体ないなあ
長谷部やゴリ見てると若い頃下手でも、ある程度体はデカい方が20代後半から伸びしろ高そうなのに

203:>>97
吉田の欠点は技術や身体的能力ではなくて
単純なウッカリミスだからねぇ
もう克服は無理なんじゃ無いかな
あと謎なレベルで川島との相性が悪い

92:三竿弟呼べよ
今後十年日本代表を引っ張っていける素材だぞ

126:大迫をボランチに

138:>>126
本当にできるからシャレにならんw
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504940289/0-

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
...