おすすめ

最新記事

【 日本代表 】ロシアW杯で対戦3か国(コロンビア、ポーランド、セネガル)との相性、そして日本の勝機は?




1:_USER9欧州勢との相性は悪くない。ポーランド戦は期待できる?

2017年12月1日にロシアの首都モスクワでワールドカップの組分け抽選会が行なわれ、日本はグループHでポーランド、セネガル、コロンビアと同居した。ワールドカップの優勝国と同居せず、幸運な側面はある。ドイツ、メキシコ、スウェーデンとグループリーグで戦う韓国に比べれば、明るい展望が開けるかもしれない。

 しかし、最悪のグループに組み込まれたのはむしろ日本という見方もできる。その根拠のひとつがコロンビアの存在だ。日本は過去のワールドカップで南米勢に一度も勝ったことがない。98年大会はアルゼンチン、06年大会はブラジル、10年大会はパラグアイ、14年大会はコロンビアの軍門に降っているのだ。

 しかも、日本がグループリーグで南米勢と顔を合わせた大会はいずれも決勝トーナメントを前に敗退。南米勢はいわゆる鬼門になっている。

 前回大会を思い出してほしい。グループリーグ第3戦で戦ったコロンビアは控え主体(第2戦からスタメンを8人も入れ替え)だった。にもかかわらず、日本は1点を奪うのが精いっぱい。エースのハメス・ロドリゲスが投入された後半は見るも無残な出来で、最終スコアは1-4だった。そういう相手と、今度はグループリーグの初戦で戦わなければいけないのだ。

 初戦の重要性は説明するまでもない。その初戦を落とした98年、06年、14年大会がいずれもグループリーグ敗退だったのに対し、引き分け、または白星スタートだった02年、10年大会は決勝トーナメントに進出。過去の実績からも今回コロンビアに敗れれば、どんな結末を迎えるかは容易に想像がつくだろう。

 たとえコロンビアに負けても、あと2戦あるじゃないかという考え方はナンセンス。黒星発進からの巻き返しは強国だからこそできる芸当(例えば2010年大会のスペイン)で、日本のようなアウトサイダーがそれを実践するのは極めて困難だ。ワールドカップでかつてサプライズを提供したチーム、例えば14年大会のコスタリカ、02年大会のセネガル、90年大会のカメルーンは初戦で勝点3を獲得して勢いに乗った。贔屓目ではなく、10年大会の日本もそうだった。

 当時の日本は大会前、チームとしてなかなか機能せず、南アフリカの地で惨敗するだろうと思われていた。ところが、初戦でカメルーンを破ると、見違えるほど逞しくなった。日本は結局ベスト16でパラグアイにPK戦の末に敗れたが、グループリーグ第2戦でのちに決勝まで進むオランダとほぼ五分に渡り合った戦いぶりは弱小国のそれではなかった。

 そのオランダ戦に代表されるように、ワールドカップ本選での欧州勢との相性は悪くない。前回大会まで8戦して2勝3分3敗とほぼ互角。敗れた3試合(98年大会のクロアチア戦、02年大会のトルコ戦、10年大会のオランダ)も、惨敗というより惜敗だった。

 そうした事例を踏まえれば、ポーランド戦には期待が持てるかもしれない。もちろん真っ向勝負を挑んで勝てる相手ではないだろうが、日本がポーランドと戦うのはグループリーグの最終戦。そのポーランドにセネガル、コロンビアを叩いてもらい、余裕のスタンスで日本戦を迎えてもらえれば、彼らは決勝トーナメントに向けてメンバーを落としてくるはずだ。そうなると、チャンスである。

1/1(月)

6:00配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180101-00034253-sdigestw-socc
------
 



2:_USER9ハリルホジッチ監督はどんなスタンスでワールドカップに挑むのか。

 もっとも、グループリーグ突破を果たすには、初戦で少なくとも勝点1を獲得する必要がある。決勝トーナメントへの現実的なシナリオはコロンビアに引き分け、セネガルに勝って、ポーランドから勝点1を奪うというものだろうか。アフリカ勢との過去の対戦成績は2勝1敗だけに、コロンビアから勝点を拾えれば、セネガルとの2戦目は自信を持って臨めるはずだ。

 だが、“相性最悪”な南米勢のコロンビアから勝点を獲得できるイメージが現時点では湧かない。J・ロドリゲスに加え、輝きを取り戻したFWのラダメル・ファルカオ、圧倒的なスピードでサイドを切り裂くファン・ギジェルモ・クアドラードらタレント揃いで圧倒されそうだ。

 ポーランドにもロベルト・レバンドフスキ、セネガルにもサディオ・マネというヨーロッパのメガクラブ(前者はバイエルン、後者はリバプール)で活躍するアタッカーがいる。今の日本に彼らを抑え込めるだけの守備力があるとは到底言えないし、3戦全敗も十分にありえるだろう。

 ポーランド、コロンビア、セネガルからすれば、日本は勝点3が計算できる相手である。絶対に負けるわけにはいかないというプレッシャーがあるわけだが、もしかすると、そこに日本の勝機があるかもしれない。つまり、グループHの「3強1弱」というパワーバランスを崩せれば日本の希望が膨らむというわけだ。

 サッカーは戦力だけで勝敗が決まるスポーツではない。メンタル(心理)もかなり重要で、だからこそ格上3か国の動揺を誘えるかがカギになる。初戦でコロンビアに勝点3を与えれば、それは順当以外の何物でもなく、「やはり日本は弱い」と無風状態になるだけだ。それでは意味がない。コロンビアから勝点を奪って「3強1弱」の勢力図を壊さないかぎり、セネガルにもポーランドにもプレッシャーをかけられない。

 では、コロンビアに勝てないまでも、どう引き分けに持ち込むか。模範とすべきは10年ワールドカップで堅守速攻のスタイルを貫いた日本だが、当時の中澤佑二と田中マルクス闘莉王に匹敵するCBコンビが見当たらない。少なくとも1失点は覚悟すべきで、となると、リードされた際の反撃手段がポイントになる。

 ただ、今の日本にはオフェンス面でこれといった武器がない。11月にブラジルやベルギーと戦った欧州遠征の戦いぶりからも分かるとおり、強豪国相手には流れの中からチャンスを作れず、先制されれば“ジ・エンド”の印象が強かった。

 ならば、すがるべきはセットプレー。手っ取り早く得点力向上を目指すなら、ハリルホジッチ監督は優秀なキッカーを“飛び道具”として懐にしたい。浦和の柏木陽介、C大阪の清武弘嗣、はたまた磐田の中村俊輔……。いずれにしても、対戦相手に「FKを与えてはいけない」と警戒されるキッカーが必要だ。

 だが、たとえ“飛び道具”を手にしたとしても、勝てる保証はないだろう。それほど、初戦で戦うコロンビアは強敵だ。素直で規則正しい日本のサッカーは、狡猾な南米勢のそれとは相性が悪すぎる。いわゆるマリーシアで、ハリルジャパンはコロンビアに到底敵わない。

 どちらかと言えば、韓国が入ったグループGのほうが希望を持てたかもしれない。なぜなら、日本は過去“欧州2か国と同居”したワールドカップ(02年、10年)でいずれも16強入りをしているからだ。ドイツのようなサッカー大国とワールドカップで戦えるのがむしろ羨ましいと思うのは、果たして著者だけだろうか。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)


5: 2018/01/01(月)

10:

51:40.01 ID:/1XQEtJD02014W杯で面白かったこと
ギリシャが10人になって逆に日本が不利になってしまった…
コロンビアは火曜日に弱い!勝てる!勝てるんだ!

7: >>5
ここまでしてでもポジらなきゃいけないんだよね




スポンサードリンク



6:マスコミも選手もやたらとポジティブだよなあ
まあ負けて元々みたいなこと言ったら盛り上がらんし無理矢理にでもいけるって空気作らないといけないんだろうけど

8:また「一勝一敗一分、決勝トーナメント進出楽観論」が日本じゅうに蔓延するのか

9:試合開始数時間前に現地入りしたコンデション最悪の相手に惨敗なんてことはないようにな

11:ハリルジャパンじゃ無理無理 岡田ジャパンよりひでえわこのチーム

12:ポーランド、セネガルは前回のW杯に出てないから予想は出来ないな

13:この三強一弱てよびかた日米中韓での韓国みたいな扱いでやだ

14:突破確率は4割だな
日本のオッズもそのくらい
過去の実績での4割

15:弱いグループに入ったんだから突破しないとな

16:守備放棄のザックジャパン
守備重視のハリルジャパン
結果は言うまでもない。
初戦のコロンビア戦に全知全能全生命力をかけて前からプレスをやれば、引き分けは可能さ。

17:清武ならともかく柏木や中村とか構想すら入ってない奴を候補に入れるな

18:2位通過余裕

19:こんなぬるいグループ突破しなきゃ終わりだよ

21:関塚ジャパン同様
ある程度の事由度は与えられているので、
長谷部が音頭をとって選手が戦術を練り、
実践すれば、引き分けなんて簡単さ。
ネガティブになるな。

22:集中力をきらすな、
棒立ちディフェンスをするな
体をしっかりよせよ
センターバックの脆さは折り込み済みの
前からパスの出し手にプレスをかけ、
脆いセンターバックを全員でカバーせよ
全員で戦う

そして一番重要なのは、
香川本田を呼ぶな
だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
...