おすすめ

最新記事

【海外の反応】「アメリカでサッカー人気が野球に追いつこうとしている」

※アメリカでサッカー人気が米4大スポーツの1つであるアイスホッケーを抜き、
 野球に追いつこうとしているというスレが話題になっていました。

見るのが好きなスポーツは何?
After overtaking Hockey as the 4th most popular sport in the US, Soccer is on its way to reach baseballs level

        アメフト バスケ 野球 サッカー

          %    %   %   %

大人       37    11    9   7(←7%は過去最高)

性別

男        42     9    10   6

女        32    13    8   8

年齢

18歳から34歳   30    11   6   11

35歳から54歳   40    12   7   10

55歳以上      39    11  14   1

政治的イデオロギー

保守       38    10   12   5

モデレート    41    11   6   6

リベラル     28    16   11   13

18歳未満      40    13   7   12

   英語のサッカーフォーラムなどから海外の反応をまとめました
・あと一歩だな
<ユナイテッドサポ>
・サッカーがアメリカで注目を集めている、興味深いな
・(記事の)長文を嫌う人のための要約:
 アメリカンフットボールとバスケットボールはまだ先を行っているが
 急速にサッカーが野球に追いつこうとしている
 (特に55歳未満では既に野球を追い抜いている)
 ・この表によると、アメフトだけが大きくリードしている
  バスケットボールとサッカーは18歳未満と18歳から54歳でかなり僅差だ
  将来、高齢者達がご他界すると、もっと僅差になるだろう
 ・アメリカはMLSを改革して2部リーグ制にして
  昇降格制度を導入する必要がある。それでもっと人気が出て欲しいね
  ・アメリカは昇降格制度を導入すべきではない
   アメリカ人は降格するチームを応援しないだろう
   欧州のようにいつまでも強いビッグクラブができる文化にはならない
   リーグを潰す一番の近道は完全な欧州化だろう
・アメリカは向こう20年以内にバスケとサッカーが圧倒するだろう
 アメフトはジワジワ衰退していく、野球はじいさんのスポーツだ
 ・だからアメフトと野球はアメリカ以外で成功しないんだ
  ・ええっと、野球は日本、ドミニカ、キューバでナンバーワンだ
   韓国と台湾でもかなり人気だぞ
   アメリカ以外でバスケがナンバーワン・スポーツの国が他にある?
    ・アメリカでバスケはナンバーワンスポーツとは程遠いぞ 笑
 ・アメフトは当分衰退しないよ
   ・カレッジフットボールは特にだ
    ※アメリカ合衆国の大学が参加して行われるアメリカンフットボールの大会
   ・同感だ。健康などの議論があるが
    アメリカ人にとってアメフトは誇りのようなものだ
    一般的に言ってアメリカ人にとってアメフトは国技だ
    俺らが生きている間は揺るがないだろう
・悪いが野球は非常に退屈なんだよ。試しに試合を見に行ったが・・・
 中断の時にアナウンサーが観客のテンションを上げようとした時だけ
 観客が歓声あげていた
 ・サッカーと野球のファンとしては、両方とも非常に退屈な時が時々あるぞ
 ・野球を楽しむには野球をちょっと知っていないといけない
  フィールド上で起こる数多くの状況を理解していると楽しい
  あるいは全く異なる雰囲気のプレーオフの試合を見に行くかのどちらかだ
 <トロントサポ>
 ・たぶん日本に足を踏み入れたことはないと思うが
  もし、行ったら・・・野球の試合を見に行ってくれ!
  
  俺は全く野球のファンではなかったが
  東京ドームでとても楽しい時間を過ごしたよ
  観客は本当に熱中しているんだ
  ワクワク(ハラハラ)させる雰囲気だ
・野球は変わっている。俺は野球が大好きでこれからもずっとそうだ。
 野球の観戦はサッカー観戦とは全く違う。
 (野球は)一日中くつろいだ気分になれるんだ。
 進行速度が遅くてビールを飲めて、試合中にのんびり会話などができる。
 (ピッチングの度に中断する時間があるからね)
 基本的にサッカーは逆でプレーがほとんど止まることがない。
 あと、どちらが良いとか悪いとかではない。
 多くのスポーツが素晴らしいのは多くの理由がある。
・(アメリカでの)南米人の人口増加が関係しているかも?
 ・南米人をメキシコ人や中米人と一緒にしているのか?
  していないくても、何れにせよ君は間違っている
・サッカーの大きな利点は、大抵追いかけるのが1週間で1試合だけで済むことだ
 更に重要なのは、5分ごとにコマーシャルが入らないことだ
 ・必ずしも1週間で1試合ではない
  俺が知っている多くの人はリーグ戦、カップ戦、
  インターリーグ戦(交流試合)で戸惑いを覚えている
・このスタッツを間違って解釈している。
 これは好きなスポーツ(について)なんだ。
 
 ファンの数を見たら、アイスホッケーとサッカーは同レベルだった。
 アイスホッケーが好きなスポーツだと言っている人が少ないだけで
 それも当然だと思う。アイスホッケーはちょっとニッチなスポーツだから。

 個人的には全てのスポーツが好きだよ。
 アメリカのサッカーファンが他のスポーツをとても嫌う必要性が理解できない。
 どのスポーツも人気が落ちるのを見るのは嫌だな。
<バンクーバー・ホワイトキャップスサポ>
・サッカーはアイスホッケーを追い抜いていない
 サッカーの放映権料を見てくれよ
 ・リーグ ≠ スポーツ
・MLSはアメリカでの視聴者数が4番目ぐらいの(サッカーの)リーグだ
 アメリカではNHL(ナショナルホッケーリーグ)よりも
 プレミアリーグやチャンピオンズリーグを見る人の方が多い
・リーガMX,プレミアリーグ, MLS, NWSL, ブンデスリーガ,
 アメリカ男子代表,アメリカ女子代表,欧州の代表チーム、
 南米の代表チーム、北中米の代表チームとその他のチームおめでとう。
 協力して頑張ってアイスホッケーに勝った、おめでとう。俺らはやったぞ。
・アメリカ人が国内リーグであるMLSを応援した時に
 他のスポーツをサッカーが追い抜いたと受け入れるわ
  ・進歩は進歩だ
・素晴らしい知らせだ。アメリカ代表はワールドカップで
 (アメリカ国民へ向けて)サッカー大使になり得るぞ(※皮肉)
・アメリカがワールドカップへ行けないのはこれに響くと思う
 でも、考えを変えてサッカーが好きになるアメリカ人は増えると思う

 その新たなアメリカのファンがここのフォーラムに来ないことだけを願うね
 新しいアメリカのファンがここで延々と苦しめられることになるだろう
・これで必要なのはMLSのチームがワールドカップで優勝するだけだな
シリーズ・企業トップが学ぶリベラルアーツ 宗教国家アメリカのふしぎな論理 (NHK出版新書 535)シリーズ・企業トップが学ぶリベラルアーツ 宗教国家アメリカのふしぎな論理 (NHK出版新書 535)posted with amazlet at 18.01.12森本 あんり
NHK出版
売り上げランキング: 3,292
Amazon.co.jpで詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet
オススメのサイトの最新記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
...