おすすめ

最新記事

【Jリーグ】 「サガン鳥栖」というチームのサポーターに関して

意外にも県外からの来場者が多い。 J1に定着してスポンサーにも恵まれてあらゆる部分でクラブは上手く回り始めているが、観戦動機やきっかけとして「周囲で話題になっているからと回答した人」が多いのも鳥栖の特徴と言える。2004年~2016年までの平均値は52.5となる。44クラブの中で8番目の高さとなるが、さらにJ1昇格を果たした2012年以降の5年間に限定すると55.0。これは1位の山口の57.9、2位の松本山雅の56.5に次いで3番目となる。 家族と一緒に観戦に来ている人は51.8%。これは44クラブの中で33番目なのであまり高くない。1人で観戦に来ている人は15.4%で22番目。Jリーグの平均程度となる。友人と一緒に観戦に来ている人は33.9%で15番目。2004年~2016年までの12年間の平均値はそこまで高くないが2015年は44.3%で浦和に次いで2番目に高い数字で、2015年も38.8%で6番目。若いサポーターが多いので友人同伴の割合が高い。 意外に感じるのは「活動する都道府県内からの来場者の割合」である。表4のとおり、平均すると69.5%になるがこれは1位の鹿島の58.0%、2位のG大阪の67.3%、3位の東京Vの69.2%に次いで4番目に低い数字となる。ベストアメニティスタジアムというと交通の便に優れたスタジアムなので福岡県からの来場者が多いと推測される。進学や就職によって福岡県に移住した元佐賀県民が多いのでは?と考えられる。 表3. 観戦動機やきっかけとして「周囲で話題になっているからと回答した人」 (偏差値)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...