おすすめ

最新記事

【Jリーグ】 「サンフレッチェ広島」というチームのサポーターに関して

ネックとなるスタジアムの問題 気になる数字を挙げるとスタジアムまでの片道のアクセス時間である。2004年~2016年の平均値は62.8分。これは44クラブの中で5番目に長い数字となる。もちろん、中国地方を代表するJリーグクラブなので広島県内だけでなく島根県や山口県などからの来場者も少なくないと思うが一番の理由は「エディオンスタジアムが広島市の中心地から遠い。」という部分である。アクセスに大きな問題を抱えている。 さらに下にある表4は「年間のスタジアムでの観戦回数(2003年-2015年)」を示しているが広島の平均値は9.9回。これは42クラブの中でワースト2位。7.9回の名古屋に次ぐ少なさとなる。帰りの交通手段が限られることもあって、19時キックオフの試合になると広島市の中心部に住んでいる人でも帰宅時間は軽く22時を過ぎるだろう。平日の試合や日曜日の試合になるとスタジアムに行くのは躊躇してしまう。 広島県内からの来場者の割合は85.6%。Jリーグ全体の平均値は86.8%なので平均よりは少しだけ低い数字となる。エディオンスタジアムは老朽化が進んでいるので「球技専用スタジアムを広島市民球場の跡地など広島市の中心地付近に作ろう。」という話は出ているがなかなか進展しない。スタジアム問題はクラブとしてさらに発展していく上で大きな障害になっているのでいい方向に話が進んでいくことが期待される。 表3. スタジアムまでの片道のアクセス時間 (2004年-2016年)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...