おすすめ

最新記事

【Jリーグ】 「スタジアムまでの片道のアクセス時間が短いクラブはどこか?」を調べてみた。~1位:ツエーゲン金沢、2位:湘南ベルマーレ、3位:ヴァンフォーレ甲府~

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 最短はツエーゲン金沢で32.5分 2016年にJ1とJ2に所属した40クラブのホーム戦に来場したサポーターの「スタジアムまでの片道のアクセス時間」が最も短かったのは金沢で32.5分だった。2015年にJ2昇格を果たした金沢は2015年も29.8分で最短だったので2年連続で最短クラブとなった。53.5%の人が金沢市からの来場者となる。76.3%の人が「片道のアクセス時間は30分以内」と回答しているが、この数字は40クラブの中で最高となる。 2番目は湘南で34.1分。41.3%の人が平塚市からの来場者となる。3番目は甲府で35.1分。甲府市からの来場者は23.1%なので意外と少ない。南アルプス市からの来場者が10.1%で2位、甲斐市からの来場者が9.9%で3位となる。4番目は大宮で37.1分。56.0%がさいたま市からの来場者となる。浦和は58.2分で36番目なので好対照である。さいたま市からの来場者は大宮が56.0%、浦和が31.8%なので差は大きい。 5番目は讃岐で37.8分。ホームのPikaraスタジアムがあるのは丸亀市になるが市町村別で最多となるのはやはり県庁所在地の高松市で37.0%。丸亀市は18.8%で2番目となる。ちなみにJRの丸亀駅と高松駅の距離は特急・いしづちを利用すると約25分、普通電車の場合は約35分。それなりに距離は離れているが、当然、四国は「車社会」なので電車を利用してスタジアムに向かう人はあまり多くないと考えられる。 Jリーグ全体の平均値は47.8分 6番目はFC岐阜で37.8分、7番目は町田で38.3分、8番目は山口で38.6分、9番目は熊本で39.3分、10番目は岡山で39.5分となる。2016年がJ2での最初のシーズンだったが山口は38.6分。当然、山口市からの来場者が43.8%で最多となるが、宇部市が17.4%、防府市が9.7%なので周辺の市から観戦に訪れる人も少なくないようだ。ちなみに山口県内からの来場者は99.1%なので県外からやって来る人はほぼいない。 2016年のJリーグ全体の平均値は47.8分となる。サッカー観戦に限らず、お出かけをするときに気軽に行ける距離というのはやはり「1時間以内で行ける距離」である。1時間を超えると「遠出した。」という気分になるので、「スタジアムまで1時間以内で行ける距離に住む人」が各クラブのテリトリーになる。言うまでもなく、人口の多い街で活動しているFC東京・C大阪・名古屋・福岡・京都・神戸などは有利である。 徳島・鳥栖・京都・水戸・山形・C大阪などがJリーグの平均程度となる。徳島も近隣クラブの讃岐と同様で県庁所在地ではない市にホームスタジアムを構えているが最多は徳島市で36.5%。続くのは板野郡で17.1%、3番目は鳴門市で14.4%となる。板野郡というと松茂町・北島町・藍住町・板野町・上板町の5つから構成されているが、郡の人口は四国の中では最多。人口は約97,588人なので巨大な郡である。 吹田スタジアムに移転したG大阪は・・・。 表1は44クラブの2004年~2016年までの片道のアクセス時間とその平均値を示しているが、平均値の1位は金沢で31.2分。2位は湘南で35.4分、3位は甲府で36.1分、4位は熊本で37.7分、5位は岡山で38.6分となる。当然、アクセス環境は年ごとにほとんど変わらない。岡山というとJRの岡山駅前から徒歩圏内にシティライトスタジアムがあるのでアクセス面は優れており、アクセスの良さは1つの売りになっている。 6位は山口で38.6分、7位はFC岐阜で39.9分、8位は北九州で40.4分、9位は町田で40.4分、10位は川崎Fで40.6分となる。川崎Fは61.2%の人が川崎市内からの来場者となるが、2番目は横浜市で8.8%、3番目は相模原市で1.0%。横浜市からの来場者もまずまず多い。横浜FMは58.6分で37位だったが、横浜市が最多で46.2%。続くのは川崎市で6.2%、3番目は藤沢市で4.0%。同様で川崎市からの来場者も少なくない。 2016年に大きな変化があったクラブというとG大阪である。ホームスタジアムが万博競技場から吹田スタジアムに移転したが2015年が61.9分、2016年が66.8分なので約5分ほど片道のアクセス時間が増えている。「万博競技場のすぐ近く」に出来たのでスタジアムの場所的には大きくは変わらないが万博競技場と比べるとちょっとだけモノレールの駅からは遠くなったのでアクセス的にはやや不便になっている。 2016/02/16 【G大阪×名古屋】 吹田スタジアムのこけら落としに行ってきた。 (生観戦記・上) 2016/02/18 【G大阪×名古屋】 吹田スタジアムのこけら落としに行ってきた。 (生観戦記・中) 2016/02/19 【G大阪×名古屋】 吹田スタジアムのこけら落としに行ってきた。 (生観戦記・下) 2016/02/20 「ガンバ大阪の吹田スタジアムの大きな問題点」と言えるアクセス面のまずさ 表1. 片道のアクセス時間 (2004年-2016年)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...