おすすめ

最新記事

【Jリーグ】 「大宮アルディージャ」というチームのサポーターに関して

1か月のこづかいの額は11番目の多さ サポーターに関するポジティブなデータはあまりないが、1カ月間に自由に使うことが出来るこづかいの平均値(2011年-2016年)は37,500円で44クラブの中で11番目。Jリーグ全体の平均値は33,666円なので大幅に上回っている。今の日本社会は年齢が高い人や男性の方が年齢の低い人や女性よりも給料が多くなる傾向にあるので男性比率が高い大宮のサポーターの1カ月間のこづかいは多くなりやすい。 表3のとおり、こづかいの額は関東圏のクラブが上位を占めている。1位が浦和、2位が東京V、3位が横浜FC、4位が川崎F、5位がFC東京、6位が千葉、7位が柏、8位が横浜FMなので、1位から8位までを関東地方のクラブが独占している。9位が名古屋、10位がG大阪、11位が大宮、12位が鹿島、13位がC大阪、14位が栃木SC、15位が湘南。ベスト15は「関東のクラブ」と「大阪のクラブ」と「名古屋」のみとなる。 地域ごとの平均年収やアルバイトの時給の額など各種の様々なデータを見ても、やはり、都会に住む人の方が収入は多い。40位が熊本、41位が鳥取、42位が愛媛FC、43位が大分、44位が山口ということを加味すると関東地方ならびに大阪・名古屋などの大都市で活動しているクラブは相当に有利である。関東地方で活動する大宮も大きなアドバンテージを持っているので有効に活用したいところである。 表3. 1か月のこづかい (2011年-2016年)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...