おすすめ

最新記事

【Jリーグ】 将来が有望な若手のサイドバック (1位-10位) ~3位:DF初瀬亮(ガンバ大阪)、2位:DF藤谷壮(ヴィッセル神戸)、1位は・・・。~

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 10位:DF 石田崚真 (ツエーゲン金沢) 6票 「96ジャパン」で主力として活躍した右SBは不祥事の影響でプロ入りが半年ほど遅れるなど出だしで大きく躓いた。プロの世界ではマイナスからのスタートとなったが期限付き移籍先の金沢で躍動。豊富な運動量とタイミングのいい攻撃参加で金沢のチャンスシーンの多くに絡んでいる。168センチと小柄ながら柳下監督の信頼を勝ち取った。2017年のJ2のベストヤングプレーヤー賞の候補の1人に挙げられる。 9位:MF 永戸勝也 (ベガルタ仙台) 7票 残念ながら17節のG大阪戦(H)で負傷。今シーズン絶望の大怪我を負ったのでルーキーイヤーはちょうど半分で終了したが開幕から左WBのレギュラーとして活躍。思い切りのいい突破と精度の高いクロスから多くの決定機を作った。戦線を離脱するまでクロスに関するスタッツは軒並みJ1で屈指だったので仙台にとっては痛すぎる長期離脱となった。キーマンだったので彼の離脱は大きな戦力ダウンと言える。 8位:DF 舩木翔 (セレッソ大阪) 8票 東京世代を代表する左SB。左足のキックの精度が高くてビルドアップでの貢献度が非常に高い。「キックの精度」と「クレバーさ」を生かしたビルドアップ能力は東京世代屈指と言える。精度の高い左足のアーリークロスも大きな武器となる。一方で高校時代にプレミアリーグWESTでゴールを量産するなどSBながら得点力も高い。尹晶煥監督の評価は高くてルヴァン杯では何度もスタメンのチャンスを与えられた。 5位:DF 小川諒也 (FC東京) 9票 高卒2年目の2016年にプチブレイク。左SBのレギュラー候補だったDF駒野ならびにDF室屋が同時に怪我で離脱した時期に城福監督が左SBで起用して大きな存在感を発揮した。フィテッセからDF太田宏が復帰してきた今シーズンはJ3リーグが主戦場になっているが中断明けから3バックにシステムが変更。高い位置でプレー可能な左WBであればDF太田宏との競争に打ち勝って出場機会を掴める可能性はある。 5位:DF 山口真司 (ヴィッセル神戸) 9票 神戸U-18の出身。2016年の後半戦はJ3リーグの大分でプレー。シーズン終盤戦は左SBでレギュラーポジションを獲得して大分の大逆転でのJ3優勝に大きく貢献した。左足のキックの精度が高くて質の高いクロスが最大の武器となる。170センチ/57キロなので華奢な印象は否めない。フィジカル面でのパワーアップは不可欠と言えるだろう。経験豊富な左SBのDF橋本和はいいお手本になるだろう。 5位:DF 古賀太陽 (柏レイソル) 9票 柏U-18出身。182センチの大型SBとして期待は高い。プロ1年目ながら早い段階でJ1デビューを経験。左右両サイドを遜色なくこなす点は大きな武器になるだろう。定期的に年代別代表にも召集されており、右SBと左SBの2つのポジションでレギュラー候補に名前が挙がって来る。柏のアカデミーで育ったのでビルドアップ能力の高さに定評がある。大型のSBとしてクラブの関係者からの期待は大きい。 4位:DF 伊東幸敏 (鹿島アントラーズ) 10票 日本代表クラスの実力を持っているDF西大伍がいるので鹿島では「右SBの2番手」にとどまっているが高精度の右足を持っている。タイミングのいい攻撃参加にも定評があるので結構な数のJ1のクラブで主力として活躍できるだけの実力を持っている。DF西大伍の壁は厚いがこの競争に打ち勝つことができると大きな自信になるだろう。フル代表の右SBのレギュラーポジションを狙えるポテンシャルがある。 3位:DF 初瀬亮 (ガンバ大阪) 20票 左右両足のキックが最大の武器となるSB。どちらかというと左SBを得意にしているが右SBでも問題なくプレーすることができる。本来は右利きであるがプレイスキックの場面では左足を用いるケースも多い。日本では相当に珍しいスイッチキッカーと言える。2016年はプロ1年目から5試合に出場。ルーキーイヤーとしては十分すぎるシーズンになった。明るい性格でムードメーカーとしても知られている。 2位:DF 藤谷壮 (ヴィッセル神戸) 21票 抜群のスピードを持った世代を代表する右SB。神戸にはJ1を代表する右SBのDF高橋峻がいるので現時点では控えに甘んじているが潜在能力の高さが高く評価されている。日本人のSBとしては稀なスピードを持っており、縦への推進力が最大の武器。「日本人の右SB」としては数年に一度レベルの逸材と言える。好不調の波が激しい点は課題。抜群のポテンシャルを生かし切れない試合も少なくない。 1位:DF 松原后 (清水エスパルス) 20票 叔父はアトランタ五輪代表でプレーした松原良香氏。アトランタ五輪代表チームではアジア最終予選の直前に大怪我を負って離脱したFW小倉(名古屋)の代わりに主力のフォワードとして起用されたが思うような活躍は出来なかった。決定的なチャンスでシュートを外す場面が目立った。甥にあたるDF松原后も高校時代はフォワードだったが左SBにコンバートされて才能が開花。強気な性格としても知られている。 投票 ・ 「将来が特に楽しみな若手キーパー」は誰ですか? 111票 ・ 「将来が特に楽しみな若手サイドバック」は誰ですか? 173票 ・ 「将来が特に楽しみな若手センターバック」は誰ですか? 106票 ・ 「将来が特に楽しみな若手ボランチ」は誰ですか? 130票 ・ 「将来が特に楽しみな若手アタッカー」は誰ですか? 591票 ・ 「将来が特に楽しみな若手ストライカー」は誰ですか? 404票 現在の投票数 173票 最大で10人まで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/08/13 【Jリーグ】 将来が有望な若手のキーパー (1位-10位) ~3位:GK廣末陸(FC東京)、2位:GK志村滉(磐田)、1位は・・・。~ 2017/08/14 【Jリーグ】 将来が有望な若手のサイドバック (1位-10位) ~3位:DF初瀬亮(G大阪)、2位:DF藤谷壮(神戸)、1位は・・・。~ 2017/08/14 【Jリーグ】 将来が有望な若手のセンターバック (1位-10位) ~3位:DF野田裕喜(G大阪)、2位:DF杉岡大暉(湘南)、1位は・・・。~ 2017/08/06 【Jリーグ】 将来が有望な若手のアタッカー (1位-10位) ~3位:MF菅大輝(札幌)、2位:MF高木彰人(G大阪)、1位は・・・。~ 2017/08/06 【Jリーグ】 将来が有望な若手のストライカー (1位-10位) ~3位:FW前田大然(水戸)、2位:FW岩崎悠人(京都)、1位は・・・。~ 2017/08/14 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...