おすすめ

最新記事

【Jリーグ】 次にJ1初昇格を果たすクラブ (1位-10位) ~3位:レノファ山口、2位:V・ファーレン長崎、1位は・・・。~

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 10位:水戸ホーリーホック 2票 かつては「J2屈指の不人気クラブ」、「J2のお荷物クラブ」とも言われたが、5年連続でホーム戦の観客動員数が増加中。2007年の平均は2,415人だったが、2016年は5,365人まで拡大した。もはや不人気クラブとは言えなくなっている。スタジアムの問題を抱えているので「ライセンス制度」がJ1昇格を目指す上で大きなネックになっているが、人気も実力も着実に上がってきており、J1昇格が夢ではなくなってきた。 9位:ロアッソ熊本 3票 九州の中では3番目に人口が多い熊本市で活動しているという点はクラブとしての大きなアドバンテージになる。現時点では街のポテンシャルの高さを十分には生かせていないがより大きなクラブになれる可能性を秘めた地方クラブの1つに挙げられる。ここ数年は成績が低迷しており、プレーオフ争いにすら絡めないシーズンが続いているので、まずは足固めとして10位前後の成績を残したいところである。 7位:長野パルセイロ 4票 2017年にJ3に所属するクラブの中では唯一のベスト10入り。長野Uスタジアムという最新鋭の素晴らしいスタジアムを抱えている点は大きなアドバンテージで、熱狂的なサポーターを抱えている点もアドバンテージになる。すでにクラブ規模は「J2の中でも真ん中よりもやや下」のレベル。経営的には十分にJ2でもやっていける。あとは結果を残すのみ。Jリーグの舞台で信州ダービーが実現するのはいつなのか? 7位:ツエーゲン金沢 4票 金沢市というと北陸3県(富山・石川・福井)の中では最大の都市となる。街の規模は大きくて観光名所もたくさんある魅力的な街である。近隣にライバルクラブが少ない点はアドバンテージになる。2016年は21位となって入替戦に回るなど苦しんだが今シーズンは柳下監督の元、残留争いに巻き込まれていない。J2昇格初年度の2015年に大旋風を巻き起こしたが、もう一度、J2の舞台で旋風を巻き起こしたい。 6位:愛媛FC 5票 2015年にはクラブ史上初めてプレーオフに進んだ。惜しくも準決勝でC大阪とスコアレスドロー。決勝進出はならなかったがクラブとして大きく前進するシーズンになった。それ以前は下位に低迷するケースが多かったが2015年以降はJ2の中でも「侮れない相手」と認識されるようになってきた。チーム力は確実に上がってきているので観客動員数を含めた「クラブの体力」の部分も同様にレベルアップさせたい。 5位:町田ゼルビア 6票 2016年に2度目の「J2昇格」を果たすと7位と大躍進した。2012年にJ2に初昇格したが1年でJFLに降格。JFLでも苦労したが見事にJ2にカムバックして来た。東京都というのはかなり特殊なので、他の大半のクラブとは違って「県民のクラブ」や「府民のクラブ」や「道民のクラブ」とはなりにくいが、東京都における第3のクラブとして徐々に存在感が高まって来た。しっかりとした土台が出来つつあるのは確か。 4位:FC岐阜 10票 2014年にラモス監督が就任すると取り巻く環境が一変した。それまでは貧乏なクラブとして有名。あらゆる部分が「J2で下位クラス」だったが雰囲気はガラッと変わった。「金満クラブ」と言われるような状況になってきたが、観客動員数は着実に増えており、そろそろJ1昇格のチャンスのシーズンがやって来ても不思議はない状況になっている。大木サッカーが浸透した2018年は勝負の1年になるのではないか。 3位:レノファ山口 13票 J3昇格の初年度となる2015年にいきなりJ3制覇を達成。1年でJ3をクリアしてJ2昇格を果たした。2016年は初挑戦となったJ2で躍動したがオフに主力選手を大量に引き抜かれたダメージは大きくて今シーズンは下位に低迷している。Jリーグの厳しさを味わうシーズンになっているがクラブを取り巻く環境は徐々に整備されてきた。今シーズンは我慢のシーズンになっているがとにかくJ2に生き残りたい。 2位:V・ファーレン長崎 21票 2013年と2015年にプレーオフに進むなどJ2に昇格して5年目ながら見事な成績を残している。波が激しいチームでプレーオフに進んだ翌年は低迷する。典型的な隔年チームと言えるが今年は好調。「奇数年の長崎は強い。」というジンクス通りの成績を残している。経営陣の問題でネガティブな評価が付きまとっているが払拭するためには結果を残すしかない。十分に自動昇格を狙える位置に付けている。 1位:ファジアーノ岡山 30票 2016年はクラブ史上初めてプレーオフに進むなど大飛躍のシーズンになった。同じくクラブ史上初めてホーム戦の平均観客動員数が1万人を突破するなど人気と実力を兼ね備えつつある。岡山市は地方の都市としては十分すぎるほどのポテンシャルを持っており、「J1初昇格」に最も近いクラブと言えるのは間違いなさそうだ。地域密着にも成功しており、J1昇格を果たしたら岡山は大盛り上がりするだろう。 投票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (キーパー部門) 11票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (右SB/WB部門) 11票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (センターバック部門) 11票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (左SB/WB部門) 11票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (ボランチ部門) 11票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (アタッカー部門) 11票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (フォワード部門) 11票 現在の投票数 123票 必ず1つを選択してから投票を行ってください。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/07/31 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するファンタジスタ (1位-10位) 2017/07/31 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するスピードスター (1位-10位) 2017/08/01 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するドリブラー (1位-10位) 2017/08/01 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するプレイスキッカー (1位-10位) 2017/08/01 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するポストプレーヤー (1位-10位) 2017/08/02 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するミドルシューター (1位-10位) 2017/08/02 【Jリーグ】 クロスの精度が高いサイドバック (1位-10位) 2017/08/02 【Jリーグ】 ゴール前での嗅覚に優れた選手 (1位-10位) 2017/08/03 【Jリーグ】 フィード力に優れたセンターバック (1位-10位) 2017/08/03 【Jリーグ】 ビルドアップ能力の高いSB (1位-10位) 2017/08/07 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...