おすすめ

最新記事

【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ヴィッセル神戸編)

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 ヴィッセル神戸 2016年の2ndステージは2位と大躍進した神戸はオフにFW田中順(柏)、MF大森(G大阪)、MFウエスクレイ(セアラー)、MF高橋秀(FC東京)、DF渡部(仙台)など実力者を大量に補強した。注目を集めていた元ドイツ代表のFWポドルスキの加入は最終的には夏にずれ込んだが大半のポジションに有力選手を揃えることに成功した。開幕前の時点では「優勝候補の一角」と言われたが開幕4連勝。最高のスタートを切った。 6節を終えた時点では5勝1敗。首位に立っていたが7節以降は2勝4敗2分けと勝ち点が伸び悩んだ。2016年のJ1の得点王のFWレアンドロが開幕の清水戦(A)で負傷交代するアクシデントが発生。「左膝前十字靭帯損傷および外側半月板損傷で全治6か月」と長期離脱することになったのは大ダメージだった。開幕前の高い期待値を考えると「やや物足りない。」と言えるが、それでも7勝5敗2分けで8位に付けている。 14試合で17得点/14失点なので守備陣は頑張っている。韓国代表のGKキム・スンギュは絶対的な守護神として君臨しており、ともに186センチとサイズに恵まれているDF渡部とDF岩波のCBコンビを中心とした「中央の堅さ」はJ1屈指。セットプレーでの失点はわずか「2」のみ。C大阪・川崎Fと並んでリーグ最少となる。その一方でセットプレーから奪った得点は「4」のみ。リーグワースト4位タイなので意外と少ない。 90分あたりのシュート数は11.21本で6位タイ、90分あたりの被シュート数は10.14本で9位となる。90分あたりのCK獲得本数は4.21本で13位。パス数は9位で、ボール支配率も9位なので「リーグで真ん中付近」という項目が多くなっている。気になるのは反則の数が多い点。「90分あたりの反則数」は17.64回で新潟に次いで2番目に多い。「30mライン進入回数」は5位なので相手ゴール付近まで攻め込む回数は多い。 14試合で17得点なので「得点力不足」というわけではないが、攻撃に迫力を欠く試合が多かった。当然、FWレアンドロの離脱は大きなマイナスだったが、代わってエースに格上げされたFW渡邉千が今シーズン初ゴールを決めるまでに少し時間がかかったのも誤算の1つで、柏から獲得したレフティのFW田中順が本来のプレーを見せられずにいることもネルシーニョ監督にとっては誤算の1つに挙げられる。 スタッツを見るとドリブル数は12位、クロス数は16位となる。怪我人が発生したことと本来のプレーを見せられない選手が何人かいたことで攻撃に関してはやや物足りない。開幕4連勝を果たした後、なかなか勝利につながらない最大の原因と言えるだろう。時間帯別の得点・失点を見ると前半は14試合で8得点/6失点、後半は14試合で9得点/8失点。なので大きな差は無いが、前半の得点数はリーグ5位タイとなる。 今シーズンの神戸は「本気でタイトルを狙っているシーズン」なので今夏の移籍市場で積極的な動きを見せる可能性もあるが、とにもかくにもFWポドルスキが加入すれば「ブースト」が期待できる。7月29日(土)に行われるJ1の19節の大宮戦(H)でJリーグデビューを果たす可能性が高い。また、先のとおり、FWレアンドロは全治6か月と診断されているので順調に回復したら8月下旬にはピッチに戻って来ることができる。 気になるのは守備的なポジションに怪我人が続出している点。DF岩波とMF高橋秀とDF高橋峻とDF橋本和が怪我で離脱中。復帰時期はDF岩波とMF高橋秀が7月中旬、DF高橋峻とDF橋本和が7月下旬と言われている。18節の仙台戦(H)が7月8日(土)、19節の大宮戦(H)が7月29日(日)に行われるので順調に回復したら4人とも19節の大宮戦(H)が復帰戦になる。(※ FWポドルスキのデビュー戦と同じ試合になる可能性大。) 「守備的なポジションに怪我人が出ているので夏の移籍市場で補強すべき。」という意見もあるが、今夏の移籍市場で選手を獲得しても新加入選手がJ1の試合に出場できるのは最短でも19節の大宮戦(H)。なので穴埋めにはならない。ほぼ同じタイミングで主力級の選手(しかも、守備的なポジションの選手ばかり)が6週間~8週間というかなりの期間抜けるというのはやはり珍しい。流れの悪さを感じてしまう。 15節のG大阪戦(H)、16節の横浜FM戦(H)、17節の川崎F戦(A)、18節の仙台戦(H)をどのようにして乗り切るのか?は今シーズンの神戸の命運を大きく左右することになるだろう。この4試合を2勝1敗1分けくらいの成績で乗り切ることが出来ると非常に面白くなる。FWポドルスキが期待通りに活躍できるのか?については何とも言えないところであるが、チームの雰囲気がガラッと変わるのは間違いないところである。 7月下旬から8月下旬にかけて怪我で戦列を離れている主力選手が続々と戻って来ることを考えると明確な補強ポイントは見当たらない。攻撃陣は新加入のMF大森が予想以上に奮闘しており、高卒2年目のMF中坂や大卒2年目のMF小林成の飛躍はポジティブなニュースで、エースナンバー「13」を背負うMF小川慶のコンディションが整ってきたのも朗報。フルメンバーが揃えば攻撃的なポジションは質も量も十分である。 敢えて言うと左SBは手薄である。1番手がDF橋本和で、2番手は(中盤が本職となる)MF松下佳で、3番手は21歳のDF山口真で、場合にとっては経験豊富な元日本代表のDF伊野波を起用することもできるが、他のポジションと比べると質も量もやや手薄である。DF橋本和はネルシーニョ監督のサッカーを熟知した選手であるが左SBに有力選手を加えることが出来るとチーム力がアップする可能性はある。 投票受付中 ・ 【J1】 コンサドーレ札幌の今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 345票 ・ 【J1】 ベガルタ仙台の今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 153票 ・ 【J1】 鹿島アントラーズの今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 133票 ・ 【J1】 浦和レッズの今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 120票 ・ 【J1】 大宮アルディージャの今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 218票 ・ 【J1】 柏レイソルの今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 91票 ・ 【J1】 FC東京の今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 154票 ・ 【J1】 川崎フロンターレの今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 266票 ・ 【J1】 横浜Fマリノスの今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 146票 ・ 【J1】 ヴァンフォーレ甲府の今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 128票 ・ 【J1】 アルビレックス新潟の今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 298票 ・ 【J1】 清水エスパルスの今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 305票 ・ 【J1】 ジュビロ磐田の今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 239票 ・ 【J1】 ガンバ大阪の今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 323票 ・ 【J1】 セレッソ大阪の今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 253票 ・ 【J1】 ヴィッセル神戸の今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 63票 ・ 【J1】 サンフレッチェ広島の今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 322票 ・ 【J1】 サガン鳥栖の今夏の補強ポイントはどこだと思いますか? 363票 現在の投票数 63票 最大で10個まで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/06/09 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (コンサドーレ札幌編) 2017/06/10 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ベガルタ仙台編) 2017/06/11 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (大宮アルディージャ編) 2017/06/14 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (FC東京編) 2017/06/15 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (川崎フロンターレ編) 2017/06/12 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (横浜Fマリノス編) 2017/06/12 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ヴァンフォーレ甲府編) 2017/06/11 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (アルビレックス新潟編) 2017/06/12 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (清水エスパルス編) 2017/06/13 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ジュビロ磐田編) 2017/06/13 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ガンバ大阪編) 2017/06/10 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (セレッソ大阪編) 2017/06/16 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (ヴィッセル神戸編) 2017/06/10 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (サンフレッチェ広島編) 2017/06/11 【J1】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (サガン鳥栖編) 2017/06/16 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...