おすすめ

最新記事

【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (ボランチ編) ~3位:MF大島僚太(川崎フロンターレ)、2位:MFソウザ(セレッソ大阪)、1位は・・・。~

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 9位:MF 山口蛍 (セレッソ大阪) 34票 J1でプレーするのは2014年以来。かなり久しぶりとなるが攻守の要としてハイパフォーマンスを見せている。相方のMFソウザが攻撃的なボランチなので今シーズンも全体のバランスを取りながらプレーする時間帯が長くなっているがC大阪のWボランチは強力である。今シーズンのC大阪はいい流れでサッカーが出来ているので攻撃においても守備においてもMF山口蛍が無理をしなければいけないケースが少ない。 9位:MF ムサエフ (ジュビロ磐田) 34票 現役のウズベキスタン代表。前評判は非常に高かったが万能型のボランチとして躍進する磐田を攻守両面で支えている。攻撃においても守備においてもチームに多大な貢献が出来る選手なので大きな補強となった。磐田はポーランドからGKカミンスキー、イングランドからFWジェイを獲得するなどブラジル人や韓国人に限定することなくワールドワイドな補強を見せており、このやり方が成功をおさめている。 8位:MF 大谷秀和 (柏レイソル) 35票 昨シーズンは怪我の影響もあって20試合の出場にとどまった。プロ3年目の2005年以降ではワーストタイとなる出場数にとどまったが今シーズンは元気いっぱい。若手のMF手塚とWボランチを組んで柏の快進撃を支えている。3月に加入した元日本代表のMF細貝は強力なライバルになり得るだけの実力を持っているがMF大谷がポジションを確保している。MF手塚が離脱したのでMF大谷にかかる負担は大きくなる。 7位:MF 手塚康平 (柏レイソル) 38票 昨オフにプレーメーカー系のボランチであるMF秋野(湘南)とMF茨田(大宮)が抜けた穴を補って余りある活躍を見せている。高度なテクニックと判断力と視野の広さを持っているボランチ。柏はシーズン序盤は波に乗ることが出来なかったが彼の台頭は大型連勝のきっかけになった。残念ながら20節の神戸戦(H)で負傷。右膝の大怪我を負って全治8か月。順調に回復したとしても復帰時期は来年の4月あたりになる。 6位:MF レオ・シルバ (鹿島アントラーズ) 43票 怪我で戦列を離れた時期もあったが名門の鹿島のサッカーにもすぐに馴染んだ。新潟時代はかなり自由にプレーをしていたので「組織的なサッカーを志向する鹿島で持ち味を発揮できるのか?」という声も多かったが全く問題はなかった。特に春先は攻守両面で活躍が目立った。MF永木と組んでも、MF小笠原と組んでもハイパフォーマンスが期待できる。Jリーグ史上でも屈指の優良助っ人と言える。 5位:MF エドゥアルド・ネット (川崎フロンターレ) 45票 出場停止だった試合を除く全19試合に出場。春先から怪我人が続出した川崎Fの中では数少ない「怪我をすることなくプレーし続けている選手」となる。開幕から安定したプレーを見せているがパフォーマンスの波が小さいのは大きな武器となる。MF大島僚とWボランチを組むケースが多くなっているがJ1屈指のWボランチと言える。185センチのサイズを生かしたダイナミックなプレーは魅力いっぱいである。 4位:MF 川辺駿 (ジュビロ磐田) 50票 ボランチながら18試合で4ゴール4アシスト。もともと「積極的に攻撃に関わることが出来るボランチ」として高く評価されていたが今シーズンは磨きがかかっており、決定的な仕事をしてチームの勝利に貢献する試合が目立っている。日本代表入りが期待される若手のボランチはたくさんいるが早期のフル代表抜擢があっても全く不思議はない状況になっている。新加入のMFムサエフとの相性は極めて良好。 3位:MF 大島僚太 (川崎フロンターレ) 60票 怪我のため5試合ほどを欠場しているが試合に出場した時は高確率で好パフォーマンスを見せている。2016年はU-23アジア選手権とリオ五輪の本大会を経験。フル代表にも抜擢されるなど飛躍のシーズンになったが、今シーズンはさらに上のパフォーマンスを見せている。「Jリーグでは屈指のゲームメーカー」と言える存在になったがフル代表に定着するためにはさらに守備面をレベルアップさせる必要がある。 2位:MF ソウザ (セレッソ大阪) 65票 20試合で4ゴール5アシスト。今シーズンはプレイスキッカーとしても存在感を発揮しており、すでに直接FKで2つのゴールを記録している。ボール奪取力が高くて、運動量が豊富。ドリブルで局面を打開することもできるし、決定的なスルーパスを出すことも出来るし、右足のクロスの精度も高い。さらに空中戦にも強くて、ミドルシュートは強烈。C大阪の躍進の立役者の1人で、J1でMVP級の働きを見せている。 1位:MF 井手口陽介 (ガンバ大阪) 80票 ここに来てゴールに絡む機会は減って来たが17試合で3ゴール6アシストというのは立派な成績である。今シーズンはインサイドハーフでプレーするケースが増えているがMF今野とMF井手口とMF遠藤のトライアングルは強力。魅力的なユニットである。昨シーズンの途中までは「守備面は文句なし。課題は攻撃力。」と言われていたが、ここ1年ほどで攻撃力が格段にアップ。日本代表での活躍も期待される。 投票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (キーパー部門) 188票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (右SB/WB部門) 41票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (センターバック部門) 52票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (左SB/WB部門) 33票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (ボランチ部門) 79票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (アタッカー部門) 55票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (フォワード部門) 47票 現在の投票数 79票 最大で10人まで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/07/31 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するファンタジスタ (1位-10位) 2017/07/31 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するスピードスター (1位-10位) 2017/08/01 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するドリブラー (1位-10位) 2017/08/01 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するプレイスキッカー (1位-10位) 2017/08/01 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するポストプレーヤー (1位-10位) 2017/08/02 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するミドルシューター (1位-10位) 2017/08/02 【Jリーグ】 クロスの精度が高いサイドバック (1位-10位) 2017/08/02 【Jリーグ】 ゴール前での嗅覚に優れた選手 (1位-10位) 2017/08/03 【Jリーグ】 フィード力に優れたセンターバック (1位-10位) 2017/08/03 【Jリーグ】 ビルドアップ能力の高いSB (1位-10位) 2017/08/09 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...