おすすめ

最新記事

【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (右SB/WB編) ~3位:DF松田陸(セレッソ大阪)、2位:MF関根貴大(浦和レッズ)、1位は・・・。~

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 10位:DF 矢野貴章 (アルビレックス新潟) 9票 2012年以来なので5年ぶりに古巣の新潟に復帰。リオ世代のDF川口尚などと右SBのポジション争いを繰り広げてきたが呂比須ワグナー監督になってからは攻撃力を生かすために右SHで起用されるケースも増えている。187センチというのは日本人のSBとしては破格。サイズは大きな武器となる。2010年の南アフリカW杯を経験するなど国際Aマッチは19試合で2ゴール。豊富な経験をチームに還元したい。 9位:DF 小林祐三 (サガン鳥栖) 10票 昨オフに横浜FMから鳥栖に移籍。攻撃面での貢献度は限定的となるがスピードを生かした1対1の守備はJリーグでも屈指。堅実なサッカーを好むフィッカデンティ監督の信頼を勝ち取っている。J1通算では310試合で5ゴールを挙げているが、「90分あたりのシュート数」は0.117本。これはJ1で4ゴールを挙げている全Jリーガーの中でワーストとなる。シュートを放つこと自体が非常に珍しい選手と言える。 8位:DF/MF オ・ジェソク (ガンバ大阪) 12票 ここ数年はずっと元日本代表のDF米倉と右SBのポジション争いを繰り広げてきたが今シーズンは優勢。U-20日本代表のDF初瀬も力を付けてきたが右SBの1番手として長谷川監督の信頼を勝ち取っている。攻撃面での貢献度はあまり高くないがそれを補って余りあるほどの高い守備力を持っているのが魅力。2016年には韓国代表デビューを飾るなど2018年のロシアW杯出場を狙える位置に付けている。 7位:MF 櫻内渚 (ジュビロ磐田) 14票 6連勝を達成するなど好調の磐田の原動力の1人に挙げられる。シーズン途中から3バックを採用しているので右WBでプレーするようになったが攻守両面でチームに貢献している。176センチなのでJリーガーとしては平均以下のサイズとなるが「空中戦に強い選手」として知られており、セットプレーのときは明確なターゲットになることができる。J2時代の2015年には41試合で5ゴールを挙げるなど得点力も高い。 6位:MF 駒井善成 (浦和レッズ) 15票 MF関根貴とMF宇賀神がいるので「WBの3番手」という立ち位置になる。他にもMF菊池大とMF梅崎がいるので浦和のWBの競争は激しいがMF駒井のドリブルは大きな武器になっており、点が欲しいタイミングでMF駒井を投入して試合の流れを変えようとするケースは多い。サイドで相手のSB(WB)と1対1になった時は高確率で打開できるのは最大の武器となる。運動量も多くて攻撃面での貢献度は非常に高い。 5位:DF エウシーニョ (川崎フロンターレ) 17票 怪我のためシーズンの前半戦をほぼ棒に振った。J1での今シーズン初出場は15節の広島戦(H)だったので最初の14試合を欠場しているがDFエウシーニョが戦列に復帰してから川崎Fの攻撃力と得点力は劇的に向上している。不在の時期はDF田坂などが起用されていたがDFエウシーニョは川崎Fにとっては必要不可欠な選手である。高度なパス回しに対応できるだけの技術を備えており、意外なところで点を奪う。 4位:DF 西大伍 (鹿島アントラーズ) 24票 石井前監督はターンオーバーを採用するケースが多くて「常時フル出場」とはいかないが、戦術上のキーマンとしてDF西大伍のことを重宝しており、試合の終盤に控えの右SBのDF伊東幸を投入してDF西大伍をボランチや2列目など中盤から前目のポジションで起用する試合もいくつかあった。常勝・鹿島の右SBとして目立った活躍を続けているので日本代表入りを推す声は日増しに高まってきている。 3位:DF 松田陸 (セレッソ大阪) 26票 アグレッシブさが魅力の右SB。経験豊富なDF田中裕、クラブのレジェンドであるDF酒本が同ポジションにいるので競争は激しいが、尹晶煥監督の信頼を勝ち取って「1番手の右SB」として起用されている。J2時代の2016年は攻撃力の高さでチームに貢献したがJ1に昇格した今シーズンは守備力の高さが目立っており、高い身体能力を生かした1対1の対応で相手のキーマンを封じ込める試合が目立っている。 2位:MF 関根貴大 (浦和レッズ) 32票 ドイツ2部のインゴルシュタットへの完全移籍が決定。数少ない浦和ユース出身の生え抜きの選手としてサポーターから絶大な支持を集めて来た選手なので浦和にとっては戦力的な部分はもちろんのこと、興行的な部分でもダメージは大きい。高い攻撃力はプロ1年目の頃からいかんなく発揮していたが今シーズンは粘り強い守備での貢献も目立っている。ドイツ2部でどのくらいやれるのか?は興味深い。 1位:DF 小池龍太 (柏レイソル) 75票 開幕当初は「3番手あるいは4番手の右SB」だったが出場機会を得た時にアピールに成功。不動の右SBとしてシーズン序盤の8連勝に大きく貢献した。山口時代から定評のあったビルドアップ能力の高さをJ1の舞台でもいかんなく発揮している。柏のトップチームは下部組織出身の選手が多くい。外様の選手にとっては慣れるまでが大変であるがあっさりとチームに馴染んだ。適応能力の高さは大きな武器となる。 投票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (キーパー部門) 153票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (右SB/WB部門) 17票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (センターバック部門) 21票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (左SB/WB部門) 17票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (ボランチ部門) 31票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (アタッカー部門) 41票 ・ 【J1】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (フォワード部門) 24票 現在の投票数 17票 最大で10人まで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/07/31 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するファンタジスタ (1位-10位) 2017/07/31 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するスピードスター (1位-10位) 2017/08/01 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するドリブラー (1位-10位) 2017/08/01 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するプレイスキッカー (1位-10位) 2017/08/01 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するポストプレーヤー (1位-10位) 2017/08/02 【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するミドルシューター (1位-10位) 2017/08/02 【Jリーグ】 クロスの精度が高いサイドバック (1位-10位) 2017/08/02 【Jリーグ】 ゴール前での嗅覚に優れた選手 (1位-10位) 2017/08/03 【Jリーグ】 フィード力に優れたセンターバック (1位-10位) 2017/08/03 【Jリーグ】 ビルドアップ能力の高いSB (1位-10位) 2017/08/08 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...