おすすめ

最新記事

【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーを10人だけ挙げてみた。

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 1人目 : DF 昌子源 (鹿島アントラーズ) 日本代表のレギュラーのCBに定着しつつあるDF昌子に対しては今年の春にドイツのブレーメンが興味を持っていると報じられた。当落線上にいる選手の場合、W杯イヤーに欧州に移籍するのは大きなリスクになるがDF昌子は代表の中で地位を確立した選手なのでいいオファーが届いた場合、欧州への移籍を決断しても不思議はない。日本人CBの中で屈指の評価を得ているDF昌子の動向に大きな注目が集まる。 2人目 : MF 原川力 (サガン鳥栖) リオ五輪代表として活躍したMF原川は川崎Fからの期限付き移籍となる。鳥栖でポジションを確保して飛躍のシーズンになっているが川崎FにはMF大島僚とMFエドゥアルド・ネットがいる。ボランチでポジションを確保するのは難しい環境なので川崎Fに戻らない可能性は十分に考えられる。当然、鳥栖は完全移籍での獲得を画策すると思うが市場価値が高まっているので争奪戦に発展する可能性がある。 3人目 : DF 高橋峻希 (ヴィッセル神戸) 2016年はJ1でフルタイム出場を果たしたが今シーズンは怪我が多くて不本意なシーズンになっている。神戸にはU-20W杯に出場した期待の右SBのDF藤谷がいるがクラブとしてはこれから五輪代表の中心としてクローズアップされる機会が多くなるだろうDF藤谷を全面的に売り出したいはず。Jリーグにおいて右SBの人材は限られるのでDF高橋峻の獲得に乗り出すチームが出てくることは十分に考えられる。 4人目 : FW 工藤壮人 (サンフレッチェ広島) 「補強の目玉」と言われて鳴り物入りで広島に加入したが大不振。森保監督の頃は1トップの位置で主力として起用されたが結果を出せず。夏にFWパトリックが加入すると厳しい立場に追い込まれた。広島のサッカーには合わなかったが柏時代に十分な実績を残している選手なので所属クラブが変わるとよみがえる可能性はある。当然、コンスタントにゴールを決めることができるストライカーの価値は高い。 5人目 : DF 福森晃斗 (コンサドーレ札幌) 近年のJリーグは3バックを採用するチームが増えているが「高さとフィード力を兼ね備えた左利きのCB」というのは限られる。昨オフには3バックを採用していた浦和が獲得に動いたがJ1で目立った活躍を見せたことでDF福森晃の市場価値はさらに高まっている。希少価値が高い選手なので「今オフの移籍市場の目玉」になっても不思議はない。札幌がJ2に降格するようだと流出を阻止するのは難しいだろう。 6人目 : DF エデル・リマ (ヴァンフォーレ甲府) 上で触れたDF福森晃(札幌)と全く同じ理由で市場価値は相当に高いと言える。「外国人枠になること」と「31歳という年齢的な問題があること」の2点からDF福森晃ほどではないが、「187センチのサイズ」と「スピード」と「高い攻撃力」は相当に魅力がある。4バックを採用するチームでは生きないタイプなので移籍先の候補自体は限られるが甲府がJ2に降格するようだと多くのクラブが獲得に興味を示すだろう。 7人目 : FW オナイウ阿道 (浦和レッズ) 昨オフに千葉から浦和に完全移籍したが当初から予想されていた通り、ほとんど試合に絡めなかった。素材型の選手なので即戦力となってゴールを量産することが求められるビッグクラブにチャレンジするのは早計だったと言わざる得ない。浦和はフォワードの駒が豊富なので強く引き留めることはないはず。日本人の若手CFの中では屈指のポテンシャルを秘めた選手なので興味を示すJ2のチームは多いだろう。 8人目 : MF 福満隆貴 (セレッソ大阪) 2016年はJ2の山口で攻撃の中心として大活躍したがC大阪では出番に恵まれていない。ルヴァン杯と天皇杯では存在感を発揮し始めているがJ1のリーグ戦ではほとんど出場機会を得られていない。MF山村和のトップ下へのコンバートとMF清武の電撃復帰の影響をダイレクトに受けてしまったが攻撃の中心になれる選手で、かつ、年齢的にも若い。J2のクラブを中心に争奪戦になっても不思議はない。 9人目 : FW レアンドロ (ヴィッセル神戸) 今シーズンの開幕の清水戦(A)で大怪我をして長期離脱中。FWレアンドロの離脱が神戸のプランを大きく狂わせたといっても過言ではない。今夏にFWポドルスキとFWハーフナー・マイクが加入したことで神戸のフォワードの顔触れは一気に豪華になった。「怪我からどの程度回復しているのか?」にも大きく左右されると思うが2016年のJ1の得点王のFWレアンドロの移籍はあり得る状況になっている。 10人目 : FW 豊田陽平 (サガン鳥栖) ずっと鳥栖のエースとして君臨してきたが今シーズンは怪我の影響もあって苦しいシーズンになっている。これまではよほどのことがない限り、スタメンから外れることはなかったがベンチスタートが増えてきた。FWイバルボやMF原川やMF小野裕の加入、FW田川の台頭などによって「豊田ありきのサッカー」ではなくなってきた。老け込むような年齢ではないのでオフの動向が大いに注目される。 2017/09/25 【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。 2017/09/25 【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。 2017/09/26 【J1】 「過小評価されがちなJリーガー」を10人だけ挙げてみた。 2017/09/26 【J1】 「過小評価されがちなJリーガー」をあと10人だけ挙げてみた。 2017/09/28 【J1】 「やっぱり凄かった。」という選手を10人だけ挙げてみた。 2017/09/28 【J1】 「やっぱり凄かった。」という選手をあと10人だけ挙げてみた。 2017/10/01 【J1】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。 1人目~10人目 2017/10/01 【J1】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。 11人目~20人目 現在の投票数 182票 最大で12個まで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/03/10 「チームメイトから無視をされた。」というアビスパ福岡の選手は誰なのか?を調べてみた。 2017/04/13 【Jリーグ】 54クラブの中で「スタジアムグルメが充実しているクラブ」はどこだろうか? 2017/04/15 「日本屈指のサッカースタジアム」というとどのスタジアムだろうか? (前編) 2017/04/15 「日本屈指のサッカースタジアム」というとどのスタジアムだろうか? (後編) 2017/06/01 【ACL】 本当にDF槙野智章(浦和レッズ)に非は無いのか? (vs 済州ユナイテッド) 2017/06/02 【ACL】 本当にDF森脇良太(浦和レッズ)に非は無いのか? (vs 済州ユナイテッド) 2017/06/03 【Jリーグ】 セレッソ大阪は大熊裕司監督を解任すべきか?否か? 2017/09/19 【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年) 2017/09/21 【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年) 2017/09/26 全記事一覧(2005年-2017年)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...