おすすめ

最新記事

【J1】 2018年シーズンの展望 (上) ~3強が優勝争いの中心か!?~

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 連覇に挑む川崎フロンターレ 2018年のJ1は川崎F・鹿島・C大阪の3強が中心になると考えられる。川崎FはFW大久保(FC東京)、鹿島はDF内田篤(ウニオン・ベルリン)を復帰させたが3チームとも大型補強は行っていない。派手な動きは見せていないがDAZN効果で賞金を得ているので余裕を持ったクラブ運営が出来る。ロシアW杯後は世界的に選手の入れ替えが激しくなるが夏の補強でビッグネームを獲得することは十分に考えられる。 2017年に劇的な形で初タイトルを手にした川崎Fは連覇に挑む。主要メンバーはほぼ同じ。主力の流出は無さそうな情勢である。選手の入替が少ない点は強みになる。注目はどう考えてもFW大久保である。元エースのFW大久保がいないシーズンにクラブ史上初となるタイトルを手にした。これで2018年に思うような結果を残せないとFW大久保に対する批判の声は大きくなる。並々ならぬ思いで川崎Fに戻ってくる。 良くも悪くも影響力の大きい選手なので2017年に生まれた「いい雰囲気」が壊れる可能性は無きにしも非ずである。風間体制の時とは違って「攻撃の軸」、「基本的にはずっとスタメンで起用される大黒柱の1人」としては起用されない可能性が高い。新エースのFW小林悠の負担を軽減できるほどの活躍が出来ると連覇あるいは2つ目のタイトルは見えてくる。Jリーグ王者として挑むACLでの好成績も大いに期待される。 2年連続の無冠は許されない鹿島アントラーズ 昨オフに大型補強に成功して「2017年のJ1の本命」と言われながらまさかの無冠に終わった鹿島は巻き返しを図るシーズンになる。「常勝軍団」と言われる鹿島なので当然のことながら「2年連続の無冠」は許されない。最終節で川崎Fに逆転で優勝を奪われたことで大岩監督の評価は急落している。2017年と同様でシーズンの半での監督交代は十分にあり得る。大岩監督にとっても勝負の1年になるだろう。 カギを握るのは大岩監督の選手起用になる。鹿島というとリーグ屈指の選手層を誇るが昨シーズンの大岩監督は選手起用に関して柔軟性が無かった。就任直後の試合で結果を残した選手を最後まで重宝して乗り遅れた選手はどちらかというと冷遇された。MF永木やMF遠藤康など力を出し切れなかった選手が少なくないので出場機会が少なくなった or 少なかった実力者をどう使うのか?がポイントになる。 注目選手はやはりDF内田篤(ウニオン・ベルリン)になる。DF安西(東京V)の加入も決定しているのでDF西大伍、DF内田篤、DF伊東幸、DF安西と優秀な右SBが4人も集まった。もちろん、DF西大伍はボランチやサイドハーフでもプレー可能で、DF安西は左SBやアタッカーの位置でもプレーできるがここまで右SBが充実しているクラブはJリーグ史を振り返っても珍しい。DF内田篤と言えども極めて大変な環境である。 最も勢いに乗っているセレッソ大阪 ルヴァン杯と天皇杯の2冠を達成したC大阪は勢いに乗っている。欧州移籍を希望していたFW杉本健は怪我でリハビリ中。現時点では残留の可能性が高い。大車輪の活躍を見せて急上昇したMFソウザに対して中国や中東のクラブが高額なオファーを提示して引き抜きの画策を図ることは十分に予想されるが現時点では具体的な話はない。昨オフに続いて主力の流出は最小限にとどまる可能性が高まっている。 C大阪は天皇杯の決勝を終えたばかり。シーズンオフに突入して間もないので確定した移籍のニュースは少ないがFWヤン・ドンヒョン(浦項)、MF高木俊(浦和)、MFチャオワット・ベーラチャット(バンコク・グラス)などの加入が決定的と言われている。Kリーグで19ゴールを記録した元韓国代表のFWヤン・ドンヒョンは186センチの大型ストライカー。FW杉本健との2トップは「J1屈指の2トップ」になる可能性がある。 2冠を支えたルヴァン杯と呼ばれるサブ組にも頼りになる選手を揃えている。過小評価されがちではあるがMF福満、MF秋山大、DF田中裕、DF茂庭、GK丹野などは2017年のC大阪の強さの象徴と言える。「2年目のジンクス」ならびに「ACLの負担」は不安要素になるが今度はクラブ史上初となるリーグ制覇を目指すシーズンになる。18試合で6ゴール3アシストに終わったMF清武がフル稼働できるとJ1制覇に近づく。 【J1】 2018年の上位候補だと思うクラブはどこですか? 28票 【J1】 2018年の下位候補だと思うクラブはどこですか? 3票 【J2】 2018年の上位候補だと思うクラブはどこですか? 4票 【J2】 2018年の下位候補だと思うクラブはどこですか? 2票 現在の投票数 28票 最大で8チームまで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/12/26 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ) 2017/12/26 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京) 2017/12/27 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (川崎フロンターレ・横浜Fマリノス・湘南ベルマーレ) 2017/12/29 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (清水エスパルス・ジュビロ磐田・名古屋グランパス) 2017/12/31 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (ガンバ大阪・セレッソ大阪・ヴィッセル神戸) 2018/01/01 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (サンフレッチェ広島、サガン鳥栖、V・ファーレン長崎) 2018/01/04 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...