おすすめ

最新記事

【J1】 2018年シーズンの展望 (中・2) ~決め手に欠ける第2集団~

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 クルピ監督を招聘したガンバ大阪 クルピ監督を招聘したG大阪も大きな注目を集めるだろう。攻撃的なサッカーを志向するタイプで、かつ、若手を積極的に起用するタイプなので主力メンバーが大きく入れ替わる可能性は高い。MF食野、FW高木彰、DF初瀬、MF市丸、FW一美など東京世代に有望な若手をたくさん擁している点が今のG大阪の一番の魅力と言える。新・高校3年生でU-17日本代表のMF中村敬(三菱養和SCユース)にかかる期待も大きい。 10位からの巻き返しを図るが見通しは明るくない。C大阪ならびに磐田も獲得に乗り出して争奪戦になっていたリオ五輪代表のMF矢島慎(浦和)をゲットできたのは大きいがその他の選手で即戦力補強と言えるのは現時点ではCBのDF菅沼(山形)のみ。「加入濃厚」や「加入内定」というニュースもほぼ無いのが現状である。攻守の要となるMF井手口(リーズ)の移籍も正式決定したので相当に苦しい流れになっている。 当然のことながら、J1では屈指の名門クラブなので「結果」が求められるシーズンになるが現状では引き続いて我慢のシーズンになる可能性が高い。「とにかくJ2に降格しなければOK」と割り切って若手主体のメンバー構成で戦う道を選択するのは、やはり、G大阪クラスの規模のクラブになると難しい。MF倉田、DF三浦弦、GK東口といった現役の代表組がどこまで個人として頑張れるか?にかかっている。 充実した補強ができているサンフレッチェ広島 城福監督が就任した広島はFW渡(徳島)、FWティーラシン(ムアントンU)、DF馬渡(徳島)などを獲得。札幌と並んで「最も充実した補強が出来たチームの1つ」に挙げられる。高齢化が顕著だったのでMF川辺(磐田)とMF吉野恭(京都)のレンタルバックが確定したのも大きい。補強ポイントが非常に多かったチームなので「上位を目指せる戦力になった。」とは言い切れないが希望の持てる陣容になったのは確かである。 期待値は高まっているので少なくとも上位争いに顔を出さないと認められないだろう。城福監督は責任重大である。結果が出ないようだと「J1残留」に導いたヤン・ヨンソン監督ではなくて城福監督を選択したフロントも大きな批判を浴びるだろう。他のポジションと比べるとCBに不安を抱えているのでベテランのDF千葉やDF水本の働きは重要になってくる。出来れば「頼りになる中堅世代のCB」をもう1枚加えたい。 長谷川健太監督を招聘したFC東京はFW大久保(川崎F)とFWピーター・ウタカ(未定)が抜けたがFWディエゴ・オリヴェイラ(柏)を獲得。さらに否定的な意見も少なくないMF大森(神戸)についても冷静に考えてみると非常に良い補強である。2017年は13位に終わったが各ポジションにタレントを揃えているのは確か。長谷川監督が得意とする「堅いサッカー」がハマると上位進出を果たしても何ら不思議はない 核となる選手を失ったベガルタ仙台 12位に終わったものの内容のあるサッカーを見せて旋風を巻き起こした仙台は2018年の注目チームの1つに挙げられる。期限付き移籍だったFW石原直は残留濃厚。同じく期限付き移籍だったMF野津田の残留は正式に確定した。2人の退団を阻止できそうな状況になったのは大きい。その上でボランチとCBの両方をこなすMF板倉(川崎F)を獲得。ドリブルが得意なMF阿部拓(蔚山現代)の加入も噂されている。 注目は大黒柱のMF三田(神戸)の穴をどのようにして埋めるのか?である。攻守両面で大きな存在感を発揮していた選手なので穴を埋めるのは相当に大変である。今の時点ではMF奥埜とMF富田晋の2人でWボランチを組む可能性が高いがアクセントになっていたMF三田が抜けると攻撃のバリエーションは乏しくなるだろう。186センチながら足元の技術が高いMF板倉をボランチで起用するのも面白い。 MF三田(仙台)だけでなく、FWウェリントン(福岡)の獲得にも成功した神戸は韓国代表のMFチョン・ウヨン(重慶力帆FC)の加入も噂されている。FWポドルスキを筆頭に中盤から前目のポジションは相当に充実しており、顔ぶれはJ1有数と言える。不安視されるのはDF岩波(浦和)の穴が現時点では埋まっていない点である。DF丸山(FC東京)は残留が決定。「加入濃厚」と思われたDF新里(甲府磐田)も取り逃がした。 DF宮大樹(びわこ成蹊スポーツ大)に即戦力を期待するのはさすがに酷なので「実績のある日本人CB」の獲得に乗り出すのは確実と考えられる。1月になったのでここから「主力級の日本人選手」を引き抜くのは相当に大変なことであるが神戸はとにかく資金力のあるクラブである。「あっと驚くような日本人CBの補強」があっても不思議はない。神戸がきっかけとなる「CBの玉突き移籍」に発展する可能性もある。 フィッカデンティ監督になって3年目を迎える鳥栖は過去数年と比較すると静かなオフになっている。早々にDF高橋祐(京都)とMF伊藤遼(デュッセルドルフU-19)を獲得したが移籍に関するニュースは少ない。そんな中、いきなり出てきたFW豊田の移籍話は驚きだったがチーム内での立ち位置が微妙になっていたので移籍自体は想定の範囲内と言える。だた、やはり、ずっとチームの顔だったので寂しさは大きい。 2018/01/04 【J1】 2018年シーズンの展望 (上) ~3強が優勝争いの中心か!?~ 2018/01/05 【J1】 2018年シーズンの展望 (中・1) ~決め手に欠ける第2集団~ 2018/01/06 【J1】 2018年シーズンの展望 (中・2) ~決め手に欠ける第2集団~ ・ 【J1】 2018年の上位候補だと思うクラブはどこですか? 198票 ・ 【J1】 2018年の下位候補だと思うクラブはどこですか? 36票 現在の投票数 198票 最大で8チームまで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/12/29 【J1】 今オフの補強が高評価できるチームはどこか? (1位-5位) 2017/12/29 【J2】 今オフの補強が高評価できるチームはどこか? (1位-5位) 2017/12/26 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ) 2017/12/26 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京) 2017/12/27 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (川崎フロンターレ・横浜Fマリノス・湘南ベルマーレ) 2017/12/29 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (清水エスパルス・ジュビロ磐田・名古屋グランパス) 2017/12/31 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (ガンバ大阪・セレッソ大阪・ヴィッセル神戸) 2018/01/01 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (サンフレッチェ広島、サガン鳥栖、V・ファーレン長崎) 2018/01/04 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...