おすすめ

最新記事

【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その18)

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 MF 清原翔平 (徳島ヴォルティスツエーゲン金沢) S- 金沢で活躍してC大阪にステップアップの移籍を果たした。2016年の昇格プレーオフの決勝(vs 岡山)で決めた決勝ゴールは印象深いが古巣の金沢に戻ることになった。ここまで金沢を押し上げてきたレジェンド選手の復帰なので金沢は盛り上がるだろう。MF清原という選手を最も必要としているチームへの復帰となる。効果的な補強を続ける金沢は2018年のJ2でダークホース的な存在になる可能性が高まっている。 DF 椋原健太 (サンフレッチェ広島ファジアーノ岡山) C+ 元日本代表のMF加地は現役引退。MF田中奏(鹿児島)も契約満了になったので岡山はWBの補強が急務だったがDF椋原を獲得した。FC東京時代から1対1の守備力の高さに定評のある堅実なタイプのSBである。攻撃力は決して高くないので「3-4-2-1」を採用する岡山の右WBでハマるのか?という疑問はあるが少なくとも守備の部分で破綻をきたすことはない。決して悪くない補強と言える。 MF ミキッチ (サンフレッチェ広島湘南ベルマーレ) A- 広島との契約は更新されず。母国への復帰も噂されたが「J1復帰」を決めた湘南に加入することになった。攻撃力のある右WBを必要としていた湘南にとっては効果的な補強と言える。90分あたりのドリブル数は3位、90分あたりのクロス数は2位。37才になったが依然としてJ1の中では最高レベルのチャンスメーカーである。豊富な経験値を持っており、プロ意識の高い選手なので若い選手のいいお手本になるだろう。 GK 櫛引政敏 (ファジアーノ岡山モンテディオ山形) C- リオ五輪代表キーパーも所属クラブでは満足に出場機会をつかめず。岡山とのレンタル期間が終了。清水との契約も更新されなかったのはショッキングだった。動向が注目されていたが山形入りが決まった。GK児玉がいるのでセカンドキーパーになる可能性が高い。ポテンシャルの高いキーパーであるが(レベルは問わず)出場機会を積まなければいけない時期である。移籍先の選択には疑問符が付く。 FW 岸本武流 (セレッソ大阪水戸ホーリーホック) B+ J3では有数のストライカー。2016年は18試合で6ゴール、2017年は26試合で9ゴールを記録した。U-20W杯の出場は逃したが内山JAPANのときはエースのFW小川航(磐田)に次ぐゴール数を記録するなど東京世代を代表するストライカーである。突出した武器はないがガムシャラさや強引さを持っており、コンスタントに点に絡む仕事が出来る。攻撃陣の流出が続く水戸にとっては非常にいい補強と言える。 MF 澤昌克 (デポルティボ・ムニシパル柏レイソル) C+ 2008年の途中から2013年まで5年半プレーした柏に電撃復帰することになった。J1では65試合で9ゴール、J2では26試合で2ゴールなので大きな期待に応えるだけの数字は残せなかったが印象的なプレーは見せた。柏市で生まれているので地元のクラブになるが34才での復帰はサプライズと言える。ペルーを中心に豊富な国際経験を持っている選手なので若い選手に経験を伝える役割も期待される。 MF 森俊介 (アルビレックス新潟東京ヴェルディ) B+ 関西学院大出身。1学年上のFW呉屋(G大阪徳島)にラストパスを供給するチャンスメーカーとして注目を集めた。プロ1年目の2017年はJ1で4試合の出場のみ。ケガの影響もあって力を出し切れなかったがルヴァン杯では大きな存在感を発揮した。左利きでテクニックがあって突破力がある。右サイドから仕掛けてゴール前に生きたボールを供給することができるので東京Vは相当にいい補強が出来たと考えられる。 FW ステバノヴィッチ (パルチザン・ベオグラード湘南ベルマーレ) C+ セルビア国籍でスイスのチューリッヒ出身。2012年にはセルビア代表に招集されている。イタリアでプロキャリアをスタートさせてインテルやトリノでもプレーした。セリエAでは16試合で2ゴール、セリエBでは83試合で5ゴール。動画を見る限りではチャンスメーカー。自ら点を取るタイプの選手ではない。曹貴裁監督は外国人選手を生かすのが得意なタイプではないが強引なドリブルは武器になるかもしれない。 MF 前寛之 (コンサドーレ札幌水戸ホーリーホック) B- 大型補強に成功した札幌に残っても出場機会が得られる可能性は低いので移籍というのは賢明な選択だと言える。基本ポジションはボランチになると思うが2列目でもサイドハーフでもプレー可能。SBでもプレーは出来るだろう。運動量が豊富でユーティリティー性があるので水戸で貴重な戦力になる可能性は高い。左右両足から繰り出されるキックの精度も高い。レギュラーを確保しても不思議はない。 MF 三田啓貴 (ベガルタ仙台ヴィッセル神戸) A+ 仙台で攻守の要として活躍。市場価値が高まったので動向が注目されていたが神戸を選択した。古巣のFC東京も獲得に乗り出したので「FC東京に復帰する可能性が高い。」と思われていたので意外な選択と言える。神戸は「左利きでゲームをコントロールできるボランチ」をずっと探し求めていた。理想的な選手を手に入れた。加入が噂される韓国代表のMFチョン・ウヨンとどういう関係を築くことが出来るか。 表1. 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (176名)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...