おすすめ

最新記事

【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 10位 : ツエーゲン金沢 柳下監督の招聘に成功した金沢。開幕前の評価はあまり高くなかったが前半戦を終えた時点で17位。自動降格となる21位の山口との差は「12」と安全圏に突入している。新潟時代はハイプレスで一世を風靡したが金沢でも試合を重ねるごとに「アグレッシブな守備カウンター」という得意の形を披露する機会が増えてきた。前半戦のラスト5試合は4勝1敗でフィニッシュ。後半戦の要注目チームの1つに挙げられる。 9位 : 東京ヴェルディ ロティーナ監督が就任した東京Vは堅守のチームに生まれ変わった。堅い守備がシーズン序盤は注目を集めたが試合を重ねるごとに攻撃陣も噛み合ってきて前半戦を5位で折り返した。2008年以来の「J1昇格」が現実味を帯びてきたが「守備」というベースはすでに出来た。攻撃的なサッカーに特徴のあるスペインで揉まれたロティーナ監督がここからどのようにしてさらなる得点力アップを図るのか?は興味深い。 8位 : 愛媛FC オシム監督の通訳として知られる間瀬監督が就任した愛媛FCはオフに主力の流出が相次いだので苦戦が予想されていたが前半戦を終えた時点で11位。プレーオフ争いに参加している。オシム監督のサッカーというと「考えて走るサッカー」というフレーズで紹介されるケースが多かったが間瀬監督のサッカーは「臨機応変」。基本となるシステムは「3-4-2-1」でほぼ変わらないが柔軟なサッカーを見せる。 7位 : 大分トリニータ J2復帰初年度からプレーオフ争いに参加している。J3では若手を積極的に起用してパスサッカーで何とかJ3優勝を果たしたが2015年以来のJ2の舞台でもJ3時代に培ってきたパスサッカーが十分に通用している。キーパーはGK上福元がレギュラーとして起用されているが足元の技術が高いキーパーで簡単にはロングボールを蹴らない選手である。最終ラインから丁寧にボールを回してチャンスを生み出している。 6位 : 水戸ホーリーホック 8節から13試合負けなしで突っ走るなど前半戦のJ2の主役を張ったチームの1つに挙げられる。FW林陵平とFW前田大という強力な2トップが攻撃の中心となるが2列目はMF橋本晃、MF船谷、MF佐藤和などテクニックのある選手が中心。2トップの個人能力の高さだけに頼ったサッカーではない。驚異的なスピードを持っているFW前田大は全速力でピッチ上を走るだけでスタジアムを沸かせることが出来る。 5位 : 湘南ベルマーレ 圧倒的な強さで2014年のJ2を制覇したときの湘南のサッカーは圧巻だった。後方から選手が湧き出て来るサッカーは「エンターテイメント性」という点でもJ2史上屈指と言えた。その時の中心選手のほとんどが抜けたこともあってメンバー的には落ちているが、基本的なスタイルは変わらない。なかなか得点力が上がらずに苦労しているが走力を前面に押し出したサッカーがハマった時の爽快感はJ2屈指と言える。 4位 : 名古屋グランパス ここ6試合で1勝5敗。至上命題と言える「1年でのJ1復帰」に黄色信号が灯りつつあるが、風間監督がパスサッカーを取り入れてチームを大きく変えた変えたのは間違いないところである。結果が出なくなっているので風間監督に対する風当たりは強くなっているが、経験豊富なMF田口とMF玉田を中心にMF和泉やMF杉森やMF青木亮など期待の若手アタッカーが上手く絡んできたときのサッカーは魅力がある。 3位 : ジェフ千葉 「極端に高い最終ライン」が開幕前から大きな話題になった。前半戦を終えた時点で8勝7敗6分けで13位。タレント力を考えると13位というのはかなり物足りない成績である。賛否両論ある監督であることは間違いないが、攻守にアグレッシブなサッカーを見せており、エンターテイメント性が高いサッカーになっているのは間違いない所である。ピンチの数も多いがチャンスの数も多くて得点数はJ2屈指となる。 2位 : FC岐阜 これまでは「守って守ってカウンター」というサッカーになることが多かったが大木監督が就任してパスをつなぐチームに変貌を遂げた。山口で司令塔として活躍したMF庄司を引き抜くことが出来たのは大きかった。ここに来て結果が出なくなっているがMF庄司、MFシシーニョ、MF永島を中心に魅力的なサッカーを見せているのは間違いない。FW古橋とDF大本のスピードとドリブルはアクセントになっている。 1位 : 徳島ヴォルティス これまでは守備的なサッカーを志向するケースが多かったがスペイン出身のリカルド・ロドリゲス監督が就任して攻撃型のチームに生まれ変わった。得点王争いに絡んでいるFW渡が目立ちに目立っているが、MF島屋、MF前川、MF杉本太という3人のアタッカーの技術とアイディアがたくさんのチャンスを生み出している。J2の22クラブの中で最もエンターテイメント性の高いサッカーを見せているチームと言える。 投票 ・ 【J1】 「エンターテイメント性の高いサッカーを見せている」と思うチームは? ・ 【J2】 「エンターテイメント性の高いサッカーを見せている」と思うチームは? ・ 【J3】 「エンターテイメント性の高いサッカーを見せている」と思うチームは? ・ 【J1】 「あなたが選ぶ前半戦のJ1のベストイレブン」はどんな11人ですか? 899票 ・ 【J2】 「あなたが選ぶ前半戦のJ2のベストイレブン」はどんな11人ですか? 321票 ・ 【J3】 「あなたが選ぶ前半戦のJ3のベストイレブン」はどんな11人ですか? 55票 ・ 【J1】 「前半戦の最優秀監督賞の候補」に推したい監督は誰ですか? 254票 ・ 【J2】 「前半戦の最優秀監督賞の候補」に推したい監督は誰ですか? 75票 ・ 【J1】 「2017年のベストヤングプレーヤー賞」の候補に推したい選手は誰ですか? 222票 ・ 【J2】 「2017年のベストヤングプレーヤー賞」の候補に推したい選手は誰ですか? 87票 現在の投票数 10票 最大で10チームまで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/06/01 【ACL】 本当にDF槙野智章(浦和レッズ)に非は無いのか? (vs 済州ユナイテッド) 2017/06/02 【ACL】 本当にDF森脇良太(浦和レッズ)に非は無いのか? (vs 済州ユナイテッド) 2017/06/03 【Jリーグ】 セレッソ大阪は大熊裕司監督を解任すべきか?否か? 2017/06/28 【J1】 サガン鳥栖の『一夜限りの値段のないスタジアム』は失敗だったのか? 2017/06/29 「秋田豊さんは解説のときに鹿島アントラーズの話しかしない。」というのは本当か? (vs 札幌) (前編) 2017/06/30 「秋田豊さんは解説のときに鹿島アントラーズの話しかしない。」というのは本当か? (vs 札幌) (後編) 2017/07/01 【J1】 優勝争いの展望~絶好調の柏とC大阪、追うのは鹿島とG大阪~ 2017/07/01 【J1】 残留争いの展望~札幌・広島・新潟・甲府が中心か?~ 2017/07/11 全記事一覧(2005年-2017年)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...