おすすめ

最新記事

【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (FC岐阜・京都サンガ・ファジアーノ岡山) (2017年-2018年のオフ)

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 FC岐阜 C- 大木体制で2年目を迎えるFC岐阜は結果を残したいシーズンになるがここまではやや苦しいオフになっている。パスサッカーの中心の1人になったMFシシーニョ(徳島)が流出して、さらに右SBで大きなアクセントになったDF大本(徳島)も流出した。MF庄司、MFシシーニョ、DF大本、FW古橋の4人が肝になっていたがそのうちの2人が流出した。当然、2人の穴を埋める作業は簡単なことではない。 他にはMFヘニキ(栃木SC)、FW瀧谷(富山)、MF山田晃(未定)などが抜けた。逆に加入が決まったのはMF山岸祐(群馬)、DF竹田忠(岡山)、MF島村(京都)など。大木サッカーに合いそうな選手を獲得できているので獲得した選手は悪くない。群馬で主軸として活躍していたMF山岸祐は技術が高くてサイズもある選手である。なかなか適任者が見つからなかった3トップの中央でハマる可能性がある。 課題の守備陣はユーティリティー性が高いDF竹田忠(岡山)を獲得した。CBでもSBでもボランチでもプレーできるので効果的な補強と言えるが「空中戦に強くて組立てにも貢献できる。」という長身CBを1人は獲得したい。有望な大学生を見つけてくるのが上手なクラブなので4人の大学生には期待したいが即戦力として計算するのはさすがに酷である。ここまではやや劣勢の展開になっているので巻き返しが期待される。 京都サンガ C- 就任時に複数契約を結んでいることが大きな理由と言えるが「途中解任」という選択肢もある中、布部監督の続投を決めた。「赤字を出せない。」という点も大きく関係していると思うが2017年のチーム作りや采配を見ると期待はしにくい。ここまでのところ、補強は外国人選手が中心になっている。その中でウルグアイ出身のボランチのMFマティアス・カセラス(プラサ・コロニア)は相当に良さそうだ。 一方で長身フォワードのFWレンゾ・ロペス(コロニア)、若手アタッカーのMFアレシャンドレ(メトロポリターノ)については未知数と言える。FWレンゾ・ロペスが活躍できないと苦しくなるが・・・。即戦力として期待できるのはMF湯澤(水戸)とDF宮城(山口)の2人になる。MF湯澤はJ2有数のドリブラーである。DF宮城はCBとボランチの両方でプレーできる。広島に復帰したMF吉野恭の穴を埋める活躍が期待される GK菅野は「札幌への移籍が濃厚」と報じられている。2年前に大きな決断をして京都に加入すると中心選手として活躍。精神的な支柱だったので大きな痛手である。個人昇格になるがGKク・ソンユンがいるので限りなくセカンドキーパーになる可能性が高いチームへの移籍である。「ショックの大きい移籍」と言える。FW闘莉王の去就がはっきりしないのも辛いところ。早く結論を出してくれないとクラブは大変である。 ファジアーノ岡山 A- MF石毛、FW豊川、GK櫛引といった期限付き移籍の選手は満了で退団。MF片山瑛(C大阪)も抜けたので移籍マーケットの序盤戦はかなり劣勢の展開になっていたが移籍市場の中盤戦から盛り返した。FW齊藤和(磐田)、FWイ・ヨンジェ(京都)、MF上田康(磐田)、MF仲間(讃岐)、MF末吉(福岡)、DF椋原(広島)、DF後藤圭(松本山雅)、DF増田(町田)、GK金山(札幌)と即戦力となる選手を大量に獲得できている。 「ゲームをコントロールできるボランチ」、「高さのあるCB」という2点が今オフの岡山の最優先補強ポイントだったので弱点を補う的確な補強ができている点は高評価に値する。「最も効果的な補強」と言えるのはボランチのMF上田康だろう。2014年の躍進に貢献したゲームメ―カーの復帰は心強い。DF後藤圭、DF濱田、DF増田というサイズのあるCBが加入したのでセットプレーは大きな武器になる可能性が高い。 就任4年目の長澤監督にとって2018年は勝負の1年になる。「実績は乏しいが将来性の高い若手」が何人も抜けた一方で「Jリーグで実績のある選手」をたくさん獲得しているので人件費は相当に上がると思われる。平均年齢も相当にアップする可能性が高いので結果を残さないといけないシーズンになる。即戦力中心の補強で失敗すると悲惨な状況になる。クラブの未来を大きく左右する1年になるだろう。 2017/12/26 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ) 2017/12/26 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京) 2017/12/27 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (川崎フロンターレ・横浜Fマリノス・湘南ベルマーレ) 2017/12/29 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (清水エスパルス・ジュビロ磐田・名古屋グランパス) 2017/12/31 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (ガンバ大阪・セレッソ大阪・ヴィッセル神戸) 2018/01/01 【J1】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (サンフレッチェ広島、サガン鳥栖、V・ファーレン長崎) 2017/12/28 【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (モンテディオ山形・水戸ホーリーホック・栃木SC) 2017/12/28 【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (大宮アルディージャ・ジェフ千葉・東京ヴェルディ) 2018/01/02 【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (町田ゼルビア・横浜FC・ヴァンフォーレ甲府) 2018/01/02 【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (松本山雅・アルビレックス新潟・ツエーゲン金沢) 2018/01/03 【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (FC岐阜・京都サンガ・ファジアーノ岡山) 現在の投票数 315票 最大で8チームまで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/12/20 【J1】 「移籍マーケットの序盤戦の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年-2018年のオフ) 2017/12/20 【J1】 「移籍マーケットの序盤戦の負け組」はどのチームだろうか? (2017年-2018年のオフ) 2017/12/21 【J2】 「移籍マーケットの序盤戦の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年-2018年のオフ) 2017/12/21 【J2】 「移籍マーケットの序盤戦の負け組」はどのチームだろうか? (2017年-2018年のオフ) 2017/12/23 【J1】 2018年のブレイク候補の若手を15名だけ挙げてみた。 (前編) 2017/12/23 【J1】 2018年のブレイク候補の若手を15名だけ挙げてみた。 (後編) 2017/12/24 【J2】 2018年のブレイク候補の若手を15名だけ挙げてみた。 (前編) 2017/12/24 【J2】 2018年のブレイク候補の若手を15名だけ挙げてみた。 (後編) 2018/01/03 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...