おすすめ

最新記事

【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) ~3位:MF島屋八徳(徳島ヴォルティス)、2位:MF小塚和季(レノファ山口)、1位は・・・。~

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 10位:MF 豊川雄太 (ファジアーノ岡山) 2016年1月のU-23アジア選手権で活躍したMF豊川は岡山に加入して2年目。期限付き移籍の期間を延長して岡山に残ったがFW赤嶺が不在の時期は1トップで起用されて、ここ最近はシャドーの位置でプレーする機会が多くなっている。22試合で8ゴールというのはまずまずと言える。シャドーでコンビを組むことが多いMF石毛との関係性も成熟されてきた。岡山は現時点では最もチーム状態の良いチームと言える。 9位:MF 杉浦恭平 (ツエーゲン金沢) 2013年と2014年は神戸、2015年と2016年は仙台でプレーしたが大きなインパクトを残すことは出来ず。J1での過去3年間は合計しても9試合の出場にとどまったが新天地の金沢で躍動中。ラストパスの本数は43本でJ2で7位タイ。持ち味であるスルーパスから多くのチャンスシーンを生み出している。愛媛FCでプレーした2010年と2011年は主力として活躍したが久しぶりに充実したシーズンを過ごしている。 8位:MF 山田直輝 (湘南ベルマーレ) 2009年シーズンに18歳にして岡田JAPANに選出されてフル代表デビューを飾ったMF山田直も27歳になった。まだ27歳なのか?もう27歳なのか?は微妙なところであるが今シーズンは大きな怪我をすることもなく主力として活躍中。相手の嫌なところでボールを受けて決定的な仕事をすることができる。相手にとっては厄介な選手である。慢性的な課題と言える決定力不足を改善できると評価は高まるが・・・。 7位:MF シシーニョ (FC岐阜) スペインの年代別代表経験があるアタッカー。166センチなのでサイズには恵まれていないがテクニックがあって運動量が多い。MF永島とともにインサイドハーフで起用されるケースがほとんどであるが2.5列目的なポジションは彼の能力が最も生きやすいポジションと言える。右足のキックの精度が高くてサイドチェンジのボールの質が非常に高い。シュート精度が低くて自身のゴール数が増えてこないのは欠点。 6位:MF 中美慶哉 (ツエーゲン金沢) 2016年の栃木SCとの入替戦で躍動。「J2残留」の立役者であるMF中美は怪我でやや出遅れたが戦列に復帰してからはハイパフォーマンスを見せている。26節を終えた時点で25試合で8ゴールを記録。2列目の位置から多くのゴールに絡めるのは彼の一番の魅力と言える。FW佐藤洸とMF中美とMF杉浦恭の3人を中心とした金沢の攻撃陣は過小評価されがちであるが相手にとっては厄介な攻撃陣と言えるだろう。 5位:MF 瀬沼優司 (モンテディオ山形) 木山監督とともに愛媛FCから加入。愛媛FC時代と同様で2シャドーの一角で起用されているが今シーズンは勝負所でゴールを決めてチームを助けている。22試合で7ゴールを挙げているが数字以上に印象は良い。185センチとサイズに恵まれているが武器となるのは体格を生かした強引な突破である。スピードがあるのでマークする相手は大変である。J1昇格のためにはさらに上のレベルの活躍が不可欠。 4位:MF 町田也真人 (ジェフ千葉) 今シーズンはインサイドハーフでプレーする機会が多くなっている。守備面での役割も重要。ここまでの22試合で3ゴールなので自身のゴール数は昨シーズンと比べると伸びてこないが26節を終えた時点でラストパスの本数が40本でJ2で13位タイ。派手さは減っているが安定したプレーでチームを支えている。サッカー選手として成熟したと言える。ムラのあるタイプのアタッカーだったが好不調の波が少なくなった。 3位:MF 島屋八徳 (徳島ヴォルティス) シーズン序盤は2トップの一角でプレーすることが多かった。DF広瀬陸が怪我で離脱した後は右WBに入るケースもあったがここ最近はトップ下で起用されるケースが多くなっている。隙間でボールを受ける技術が高くてMF島屋とMF杉本太とMF前川のトリオは小気味のいいプレーで相手の最終ラインと中盤を困らせている。左サイドに張るケースが多かった山口時代と比べるとオールマイティーな活躍を見せている。 2位:MF 小塚和季 (レノファ山口) 「ボランチの競争は激しいが2列目はやや人材難」というチーム事情から今シーズンはトップ下やシャドーの位置でプレーする機会が多くなっている。チームは低調。26節を終えた時点で残留圏ギリギリの20位と低迷しているがMF小塚はラストパスの本数が56本でJ2で3番目。1位のDF駒野(福岡)と2位のDF石櫃(京都)に次ぐ数字を残している。パサー役として能力が高い選手で孤軍奮闘する試合も珍しくない。 1位:MF 後藤優介 (大分トリニータ) 2016年はJ3でプレーして24試合で14ゴール。押しも押されぬ大分の得点源となってJ2に復帰してきたが26節を終えた時点で25試合で12ゴール。J2の得点ランキングで4位タイと十分すぎるほどの成績を残している。13節の名古屋戦(H)でハットトリックを達成するなど「固め取り」が出来ているが、エースとしてコンスタントにゴールを決めることも求められる。2016年にJ3を経験して一回り大きな選手になった。 投票 ・ 【J2】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (キーパー部門) 225票 ・ 【J2】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (右SB/WB部門) 83票 ・ 【J2】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (センターバック部門) 147票 ・ 【J2】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (左SB/WB部門) 97票 ・ 【J2】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (ボランチ部門) 173票 ・ 【J2】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (アタッカー部門) 125票 ・ 【J2】 リーグ有数の活躍を見せていると思う選手は誰ですか? (フォワード部門) 163票 現在の投票数 125票 最大で10人まで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/08/10 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) ~3位:GK佐藤優也(千葉)、2位:GK白井裕人(金沢)、1位は・・・。~ 2017/08/10 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) ~3位:MF飯尾竜太朗(長崎)、2位:DF 石櫃洋祐 (京都)、1位は・・・。~ 2017/08/11 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) ~3位:DF飯田真輝(松本山雅)、2位:DFヨン・ア・ピン(横浜FC)、1位は・・・。~ 2017/08/11 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) ~3位:MFパク・ヒョンジン(岡山)、2位:MF安在和樹(東京V)、1位は・・・。~ 2017/08/12 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) ~3位:MF田口泰士(名古屋)、2位:MF佐藤謙介(横浜FC)、1位は・・・。~ 2017/08/12 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) ~3位:MF島屋八徳(徳島)、2位:MF小塚和季(山口)、1位は・・・。~ 2017/08/12 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...