おすすめ

最新記事

【J2】 今オフの補強が高評価できるチームはどこか? (1位-5位)

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 5位 : ファジアーノ岡山 期限付き移籍だったMF豊川、MF石毛、GK櫛引が退団。MF片山瑛(C大阪)の移籍も確定したので移籍マーケットの序盤戦は劣勢だった。ネームバリューのある選手がかなり抜けたので不安視する声も少なくなかったがGK金山(札幌)、DF後藤圭(松本山雅)、DF増田(町田)、DF濱田(福岡)、MF上田康(磐田)、MF末吉(福岡)、MF仲間(讃岐)、FW齊藤和(磐田)と即戦力クラスの選手を大量に補強することができた。 センターラインの軸となるポジションに実力者を獲得できたことは高評価に値する。ここまでは守備的なポジションの補強が中心になっており、攻撃的なポジションはFW齊藤和とMF仲間の2人くらい。ポジションバランスを考えるとここから2人程度はストライカーあるいはアタッカーの補強が行われると思うがFW齊藤和が熊本時代の輝きを取り戻すことが出来ると岡山が上位争いに絡む可能性は高まるだろう。 4位 : ツエーゲン金沢 期限付き移籍だったDF庄司、MF宮崎幾、DF石田崚、FW垣田の4人はいずれもレンタル期間の延長でチームに残った。この点だけでも高評価に値するが得点源のFW佐藤洸、守備の要であるDF作田も残留が決定。現時点では期限付き移籍中のMF中美の動向ははっきりしないが主力の流出が最小限にとどまるのは確実となった。ベースとなる選手のほとんどを引き留めることが出来たのは大きい。 その上でFWマラニョン(スコータイ)、MF加藤大(山口)、MF藤村(仙台)、MF梅鉢(鹿島)、DFアラン(讃岐)を獲得した。FWマラニョンは動画を見る限りではかなりの実力を持ったストライカーである。ドリブルで仕掛けてから自らシュートチャンスを作ることができる選手なのでFW佐藤洸との2トップは強力である。MF加藤大、MF藤村、DFアランもチームに不足しているタイプの選手なので的確な補強が出来ている。 3位 : ヴァンフォーレ甲府 「1年でのJ1復帰」を目指す甲府はJ1時代と比べると攻撃的なサッカーにモデルチェンジする可能性が高い。2017年以上に吉田達磨監督の良さが発揮されやすい環境が整うと想定されるが流出の噂もあった得点源のFWリンスの引き留めに成功した。さらに札幌が獲得に乗り出した守護神のGK河田の引き止めにも成功した。心配された主力の流出は最小限にとどまる可能性が高まっている。 加入が決まったのはMF小塚(山口)、MF佐藤和(水戸)、MF窪田(富山)、DF湯澤(京都)あたり。4人とも能力が高い選手なので高評価できる。パスサッカーに切り替えるのであればMF小塚は攻撃の中心として大きな存在感を発揮するだろう。プロ入り後は苦労しているが右SBのDF湯澤もポテンシャルは相当に高い。神戸への移籍が濃厚となったDF新里の穴をどう埋めるのか?は気になるが充実した補強ができている。 2位 : ジェフ千葉 惜しくもプレーオフで敗退したがリーグ戦を7連勝で締めくくった勢いはオフ期間もそのまま継続中。ここまでは申し分ない補強ができている。期限付き移籍だったMF熊谷アンドリュー、MF為田、MF矢田の引き留めに成功。流出の可能性もあったGK佐藤優、MF清武、MF町田、FWラリベイは残留が確定した。主力級の選手で他クラブに移籍するのはCB兼左SBのDFキム・ボムヨンくらいになりそうな情勢である。 その上でMF小島秀(愛媛FC)、DF高木利(山形)、DF増島(仙台)、MF茶島(広島)を獲得した。DF増嶋は経験豊富なベテランになるが他の3人は20代中盤。脂の乗り切った年齢である。もともと中盤の層は厚かったがさらに質も量も充実した。大ケガで長期離脱中のDF乾貴哉の穴を埋める選手としてDF高木利は十分すぎるほどの実力者である。核となる選手はほとんど変わらないと思うが厚みや充実度は確実に増した。 1位 : 徳島ヴォルティス 自身の市場価値を高めた選手がたくさんいるので「主力の大量流出チーム崩壊」の危険性もあった。非常に難しい状況だったが流出と言えるのはFW渡(広島)とDF馬渡(広島)の2人だけ。J2のベストイレブン級の活躍を見せたこの2人の流出は「想定内」と言える。MF岩尾、FW山崎凌、GK長谷川徹、MF島屋に加えて期限付き移籍中のMF杉本太とMF前川の引き止めに成功。流出は最小限にとどまったと言える。 その一方でDF大本(FC岐阜)、MFシシーニョ(FC岐阜)、FW薗田(沼津)、MF内田航(水戸)、FW呉屋(G大阪)を獲得。最大の補強ポイントになるCBの補強に関するニュースは流れていないが「大型補強に成功した。」と言えるほど有能な選手を大量に獲得することができた。DF大本、MFシシーニョ、FW薗田あたりは徳島のサッカーに合った選手と言えるので『有力な自動昇格候補の1つ』に挙げられる。 ・ 【J1】 「充実した補強が出来ている。」と思うクラブはどこですか? 66票 ・ 【J2】 「充実した補強が出来ている。」と思うクラブはどこですか? 18票 ・ 【J3】 「充実した補強が出来ている。」と思うクラブはどこですか? 2票 現在の投票数 18票 最大で8チームまで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/12/20 【J1】 「移籍マーケットの序盤戦の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年-2018年のオフ) 2017/12/20 【J1】 「移籍マーケットの序盤戦の負け組」はどのチームだろうか? (2017年-2018年のオフ) 2017/12/21 【J2】 「移籍マーケットの序盤戦の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年-2018年のオフ) 2017/12/21 【J2】 「移籍マーケットの序盤戦の負け組」はどのチームだろうか? (2017年-2018年のオフ) 2017/12/23 【J1】 2018年のブレイク候補の若手を15名だけ挙げてみた。 (前編) 2017/12/23 【J1】 2018年のブレイク候補の若手を15名だけ挙げてみた。 (後編) 2017/12/24 【J2】 2018年のブレイク候補の若手を15名だけ挙げてみた。 (前編) 2017/12/24 【J2】 2018年のブレイク候補の若手を15名だけ挙げてみた。 (後編) 2017/12/25 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...