おすすめ

最新記事

【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸ホーリーホック)、追うのはDF冨安健洋(アビスパ福岡)とDF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)~

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 J2のベストヤングプレーヤー賞の候補は・・・。 J2については「シーズンMVP」や「ベストヤングプレーヤー賞」や「最優秀監督賞」や「ベストイレブン」などがJリーグから公式に発表・表彰される仕組みにはなっていないが、J1と全く同じ条件でベストヤングプレーヤー賞を選出するとなるとどういう選手が候補になるのか?を考えてみたいと思う。Jリーグで規定されている3つの条件は以下の通りである。 ・リーグ戦の試合に半分以上出場していること。 ・その年の4月2日時点で21歳以下であること。 ・過去に新人王を受賞した選手は対象外とする。 2017年シーズンの場合は「1996年4月2日以降に生まれた選手」がベストヤングプレーヤー賞の対象となるが、現時点でJ2の候補と言える選手を順番に書き出してみると以下の30名である。J1のベストヤングプレーヤー賞の候補を考えたときに名前を挙げたのはDF中山雄(柏)、DF松原后(清水)、MF手塚(柏)など19名だったので候補の数自体はJ1のときよりも多くなる。やはり、J2の方が若い選手は試合に出やすい。 DF 茂木力也 (モンテディオ山形) FW 永藤歩 (モンテディオ山形) FW 前田大然 (水戸ホーリーホック) MF 川田拳登 (ザスパクサツ群馬) MF 高橋壱晟 (ジェフ千葉) DF 乾貴哉 (ジェフ千葉) DF 岡野洵 (ジェフ千葉) MF 井上潮音 (東京ヴェルディ) MF 渡辺皓太 (東京ヴェルディ) DF 杉岡大暉 (湘南ベルマーレ) MF 神谷優太 (湘南ベルマーレ) MF 齊藤未月 (湘南ベルマーレ) MF 石原広教 (湘南ベルマーレ) MF 宮崎幾笑 (ツエーゲン金沢) MF 大橋尚志 (ツエーゲン金沢) DF 石田崚真 (ツエーゲン金沢) FW 垣田裕暉 (ツエーゲン金沢) MF 杉森考起 (名古屋グランパス) MF 永島悠史 (FC岐阜) FW 岩崎悠人 (京都サンガ) FW 米澤令衣 (レノファ山口) MF 和田昌士 (レノファ山口) MF 前川大河 (徳島ヴォルティス) MF 小西雄大 (徳島ヴォルティス) GK パク・ソンス (愛媛FC) DF 冨安健洋 (アビスパ福岡) MF 宮本航汰 (V・ファーレン長崎) FW グスタボ (ロアッソ熊本) MF 岩田智輝 (大分トリニータ) MF 姫野宥弥 (大分トリニータ) 最有力候補はFW前田大然(水戸ホーリーホック) 顔ぶれを見ると「J1の中堅以上のクラブから期限付き移籍でやって来ている有望な若手」が多くなるが、浦和から期限付き移籍のDF茂木力(山形)、C大阪から期限付き移籍のMF前川(徳島)、磐田から期限付き移籍のDF石田崚(金沢)、鹿島から期限付き移籍のFW垣田(金沢)などが典型例と言える。また、FW前田大(水戸)やMF永島(FC岐阜)など同じJ2のクラブからより規模の小さいクラブに貸し出されるケースも多い。 ベストヤングプレーヤー賞の候補に挙げられるほどの出場機会を得ている選手は多いがこの中で「有力候補」と言える選手を挙げていくと ・FW 前田大然 (水戸ホーリーホック) ・GK パク・ソンス (愛媛FC) ・DF 茂木力也 (モンテディオ山形) ・MF 前川大河 (徳島ヴォルティス) ・MF 永島悠史 (FC岐阜) ・DF 杉岡大暉 (湘南ベルマーレ) ・DF 冨安健洋 (アビスパ福岡) ・MF 高橋壱晟 (ジェフ千葉) ・DF 石田崚真 (ツエーゲン金沢) ・FW グスタボ (ロアッソ熊本) ・MF 杉森考起 (名古屋グランパス) あたりになる。一定以上の活躍を見せている選手はかなり多いが、やはり、最も目立っているのはFW前田大(水戸)だろう。前半戦を終了した時点で7ゴールを挙げている。クラブ新となる水戸の13試合無敗に大きく貢献しており、数日前にアップしたJ2の前半戦のMVPを考えたときもFW前田大(水戸)を6位に選出している。今シーズンのJ2でセンセーショナルな活躍を見せており、現時点では最有力候補と言える。 追うのはDF冨安健洋(アビスパ福岡)とDF杉岡大暉(湘南ベルマーレ) 続くのはDF冨安(福岡)だろう。ボランチとCBの両方で起用されているが、どちらのポジションも問題なくこなすことが出来るので戦術上のキーマンになっている。自動昇格圏に位置する福岡で主力を張っている点は高評価に値する。DF冨安(福岡)と一緒にU-20W杯に出場したDF杉岡(湘南)も素晴らしい活躍を見せている。市立船橋高時代は「高校屈指のCB」として鳴らしたが湘南では高い攻撃力を発揮している。 J2のベストヤングプレーヤー賞の争いはFW前田大(水戸)が半歩ほどリードしており、DF冨安(福岡)とDF杉岡(湘南)のU-20日本代表コンビが追う形になっているが、3人以外ではGKパク・ソンス(愛媛FC)、MF前川(徳島)、MF永島(FC岐阜)、DF石田崚(金沢)、MF杉森(名古屋)、FWグスタボ(熊本)、MF高橋壱(千葉)、DF茂木力(山形)も結構な活躍を見せており、後半戦の活躍次第で十分に逆転可能な差と言える。 愛媛FCの守護神のGKパク・ソンスの活躍は試合を重ねるごとに安定感を増しており、MF前川は徳島の攻撃にアクセントを加えている。MF永島は大飛躍のシーズンになっており、右SBのDF石田崚はクロスから多くのチャンスを演出している。MF杉森とFWグスタボは殻を破りつつある状況で、青森山田高出身のMF高橋壱は高卒1年目から主力を担っており、DF茂木力は20才とは思えないほど成熟したプレーヤーである。 投票 ・ 【J1】 前半戦のリーグMVP候補だと思う選手は誰ですか? 477票 ・ 【J2】 前半戦のリーグMVP候補だと思う選手は誰ですか? 423票 ・ 【J1】 「あなたが選ぶ前半戦のJ1のベストイレブン」はどんな11人ですか? 899票 ・ 【J2】 「あなたが選ぶ前半戦のJ2のベストイレブン」はどんな11人ですか? 221票 ・ 【J3】 「あなたが選ぶ前半戦のJ3のベストイレブン」はどんな11人ですか? 22票 ・ 【J1】 「2017年のベストヤングプレーヤー賞」の候補に推したい選手は誰ですか? 222票 ・ 【J2】 「2017年のベストヤングプレーヤー賞」の候補に推したい選手は誰ですか? 26票 現在の投票数 222票 最大で10人まで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/07/02 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) 2017/07/02 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) 2017/07/03 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) 2017/07/03 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) 2017/07/04 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) 2017/07/04 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) 2017/07/05 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) 2017/07/05 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) 2017/07/06 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) 2017/07/06 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編) 2017/07/08 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...