おすすめ

最新記事

【J2】 2018年シーズンの展望 (上) ~昇格争いは5強が中心か!?~

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 昇格争いの中心になるのは・・・。 湘南・長崎・名古屋・群馬の4チームが抜けて新たに甲府・新潟・大宮・栃木SCが加わった2018年のJ2は引き続いて大混戦になることが予想される。クラブ規模的には大宮が少し抜けているが2016年のC大阪や2017年の名古屋のような「スペシャル感」は無い。2017年の開幕前も「大本命は不在」と言われたが2018年も同様。多くのチームにJ1昇格のチャンスがあるので面白いシーズンになる可能性が高い。 今オフの移籍マーケットはここまでJ1のクラブの動きはあまり活発ではない。札幌・広島・湘南あたりは充実した補強を見せたがACLに出場する川崎F・鹿島・C大阪・柏の4チームはここまで派手な動きは見せていない。どちらかというと地味な補強にとどまっている。「いい補強が出来ている。」と高評価できるチームはJ1のクラブは意外と少ないがJ2のクラブは充実した補強で戦力をアップさせたクラブが少なくない。 昇格争いの中心になるのは大宮・甲府・新潟・千葉・徳島の5チームだと思われる。大宮は得点源のFW江坂の柏移籍が濃厚となったがMFマテウスの引き留めに成功したのは大きい。J1以上にJ2はCFが重要となるリーグなのでここから「頼りになるCFを獲得できるのか?」が注目ポイントに挙げられるが獲得に興味を示していると報じられた199センチのFWシモビッチを獲得できれば「大宮が2018年のJ2の本命」になる。 やや苦戦を強いられているアルビレックス新潟 MF小塚(山口)、MF佐藤和(水戸)、MF窪田(富山)、DF湯澤(京都)などを獲得した甲府は攻撃にウエイトを置くサッカーにシフトチェンジする可能性が高い。DF新里(磐田)の移籍が確定して、DF畑尾(名古屋?)も移籍濃厚なのでCBは現時点で枚数が不足しているが攻撃に特徴のある選手を何人か獲得できたので面白いシーズンになりそうな雰囲気はある。得点源となるFWリンスにはゴール量産が期待できる。 新潟は移籍マーケットではやや苦戦を強いられている。J1で降格候補と言われるチームよりもJ2で上位候補と言われるクラブの方が移籍マーケットでは人気を集めやすい。「J1時代よりもスムーズに選手補強ができる。」と思われていたので意外な流れである。昨夏に「J1残留」を目指してMF小川佳やFWドウグラス・タンキやMF磯村やDF大武など即戦力を大量補強したことが主に金銭的な部分で足枷になっている。 MF高木善(東京V)の加入が濃厚となったがMF小泉慶(柏)、DF大野(湘南)は移籍が決定。FWホニの動向もはっきりしない。鳥栖が興味を示したMF原輝綺の引き留めに成功したのは良かったが現時点での戦力収支はかなりのマイナスである。ブレイク候補のFW河田など優秀な若手は多いがここからの動向次第では優勝・昇格候補(第1集団)から漏れて第2集団に転落することも考えられる。いい流れになっていない。 充実した補強が出来たジェフ千葉 対照的に千葉と徳島は充実した補強ができた。「2018年のJ2の本命」に推す人も少なくないだろう。7連勝でシーズンを締めくくった千葉はオフの移籍市場でも大きな存在感を発揮。即戦力となる可能性が高いMF小島秀(愛媛FC)、DF高木利(山形)、MF茶島(広島)、DF増島(仙台)を獲得。2017年に攻守の軸となった選手はほぼ全員が残留の見込み。チームの幹となる箇所はそのまま変わらずに選手層は格段に厚くなった。 各ポジションにタレントを揃えており、選手層の厚さはJ2屈指である。38試合で19ゴールを挙げたFWラリベイという点取り屋がいるのも大きい。「ハイプレス・ハイラインのサッカー」はある程度のレベルで消化できるようになっているが昨シーズンの終盤戦の戦いを見るとさらに上のレベルに達することも可能。J2に降格して早くも9年目のシーズンになるが「近年では最もJ1昇格の可能性が高いシーズン」と言える。 徳島は躍進を支えたFW渡(広島)とDF馬渡(広島)が流出した。当然、痛手ではあるがFW薗田(沼津)、FW呉屋(G大阪)、DF大本(徳島)を獲得したのでFW渡ならびにDF馬渡の穴は完全に埋まる可能性がある。SBに関しては怪我の影響で13試合の出場にとどまったDF広瀬陸もいるのでDF馬渡の穴は何とかなるのではないか?23ゴールを挙げたFW渡の代役になるだろうFW薗田とFW呉屋がキーマンといえる。 FW渡とDF馬渡以外の主力は軒並み残留。その上でMFシシーニョ(FC岐阜)の獲得に成功したので崩しの局面はさらにレベルがアップするだろう。若くてノビシロが大きい選手が多いのも徳島の特徴といえる。将来性を加味すると各ポジションにJ2有数のタレントを擁しているので十分にJ2制覇が狙えるメンバー構成になっている。他のポジションと比べるとかなり見劣りするCBの即戦力をあと1人 or 2人は加えたい。 2018/01/04 【J1】 2018年シーズンの展望 (上) ~3強が優勝争いの中心か!?~ 2018/01/04 【J1】 2018年シーズンの展望 (中・1) ~決め手に欠ける第2集団~ 2018/01/05 【J1】 2018年シーズンの展望 (中・2) ~決め手に欠ける第2集団~ 2018/01/05 【J1】 2018年シーズンの展望 (下) ~残留争いに巻き込まれるのはどこか?~ ・ 【J2】 2018年の上位候補だと思うクラブはどこですか? 46票 ・ 【J2】 2018年の降格候補だと思うクラブはどこですか? 13票 現在の投票数 46票 最大で8チームまで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/12/28 【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (モンテディオ山形・水戸ホーリーホック・栃木SC) 2017/12/30 【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (大宮アルディージャ・ジェフ千葉・東京ヴェルディ) 2018/01/02 【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (町田ゼルビア・横浜FC・ヴァンフォーレ甲府) 2018/01/03 【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (松本山雅・アルビレックス新潟・ツエーゲン金沢) 2018/01/03 【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (FC岐阜・京都サンガ・ファジアーノ岡山) 2018/01/03 【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (レノファ山口・カマタマーレ讃岐・徳島ヴォルティス) 2018/01/04 【J2】 オフの戦力補強 12段階の中間評価 (愛媛FC・アビスパ福岡・ロアッソ熊本・大分トリニータ 2018/01/05 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...