おすすめ

最新記事

【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 5位 : 藤枝MYFC 2016年は30試合で48得点を記録した。これはJ3制覇を達成した大分の50得点に次ぐリーグ2位。J3で屈指の攻撃力を持っていることを証明するシーズンだったが個人としての評価を急上昇させた主力のほとんどがチームに残った。その上でFWワタナカ(ボンケット・アンコール)、MF水野泰(FC岐阜)、FW土井(盛岡)、MF大竹隆(町田)、GK田口(横浜FM)などを獲得。オフ期間中にこれ以上ないほどの補強が出来た。 「クラブ史上最高の戦力」となった藤枝MYFCには大きな期待がかかったが7節を終えた時点では1勝4敗2分け。出遅れたが、9節以降は4勝2敗1分け。10位まで順位を上げてきたがMF枝本とFW遠藤敬を中心とした攻撃は魅力がある。MF平石、FW土井、MF久富なども特徴を持った選手で噛み合ったときの破壊力はJ3の中でも有数と言える。なお、「カンボジアの至宝」と言われるFWワタナカはまだ出場機会が無い。 4位 : カターレ富山 浮氣監督を招聘した富山はJ3で3年目となる。2015年は岸野監督、2016年は三浦泰年監督がチームを指揮したが昇格争いに絡むことはできず。無念のシーズンになったが降格3年目の今シーズンは「J2復帰」のチャンスのシーズンを迎えている。15節を終えた時点で9勝2敗4分けで勝ち点「31」。1試合消化が少ない秋田との差は「3」。昇格枠が「1.5」から「2.0」に拡大されており、サポーターの期待感は大きい。 15試合で19得点/8失点。バランスの良いチームに仕上がっている。MF衛藤、MF佐々木一輝、MF佐々木陽次、MF北井と特徴を持ったアタッカーは多くて、フォワード陣もFW苔口、FWパブロ、FW萱沼、FWハン・スンヒョンと面白い選手が多い。「若手・中堅・ベテランのバランス」と「生え抜き・移籍組のバランス」に優れているのも今シーズンの富山の特徴と言える。ここまでは非常に良い戦いを見せている。 3位 : FC琉球 金鍾成監督になって2年目となるが特徴的なパスサッカーは今シーズンも健在である。昨オフに点を取る役割を担っていたFWパブロ(富山)とMF田中恵(水戸)が揃って抜けた影響もあってシーズン当初は「フィニッシャ不足」で苦しんだが、ここに来て8試合負けなし。上位争いに加わって来た。14試合で20得点を奪っているが得点数は沼津と秋田に次いで3番目。コンスタントに点が取れるようになってきた。 プレーメーカーのMF田辺圭を中心としたコンビネーションサッカーはエンターテイメント性が高い。チームの顔になりつつあるMF富樫と高卒ルーキーのMF名倉の2人のアイディアと技術はJ3屈指。狭いスペースでも生きる高度な技術を持っている。左SBながら4ゴールを挙げているDF藤澤の攻撃的なセンスも目を見張るものがある。エンターテイメント性に加えて結果が伴うようになってきたFC琉球からは目が離せない。 2位 : ブラウブリッツ秋田 15節を終えた時点で10勝4分け。無敗で首位を走っている。14試合で6失点のみという守備陣も目立つが、攻撃陣の頑張りが今シーズンは特に目立っている。中心になっているのはFW田中智、MF久富賢、MF前山のトライアングル。周りを使うことも出来るFW田中智、突出したスピードを持つMF久富賢、チームの顔であるMF前山のトライアングルだけで計15ゴール。チームの総得点の6割を記録している。 このトライアングルは魅力的なトリオで抜群のコンビネーションを見せる。秋田の「1トップ+2シャドー」はJ3屈指のユニットと言える。攻撃にアクセントを加えているのは左右のWBで起用されているMF古田。札幌時代から評価の高かった技巧派のレフティがサイドで変化を加えている。残念ながら「J2ライセンス」を取得できないのでJ2昇格のチャンスは無いが「今の秋田がどこまでJ2でやれるのか?」は興味深い。 1位 : アスルクラロ沼津 15節を終えた時点で8勝3敗3分け。14試合で36得点/15失点。リーグ2位の得点数を記録している秋田でも25得点なので得点力の高さは群を抜いている。2年前の2015年のJ3で大旋風を巻き起こした山口の記録を調べてみると同じ15節を終えた時点では14試合で12勝2敗。39得点/11失点だったので破壊的な攻撃力を見せた山口と比較しても得点数はほとんど変わらない。これは脅威の数字と言えるだろう。 大きな武器となっているのは右サイドである。とにかく右サイドからチャンスを作ってゴールを奪うシーンが多い。右SBのDF尾崎の右足は正確で、右SHのMF中村亮の体格を生かしたダイナミックな突破と鋭いクロスは強烈である。2016年のJFLでは30試合で47得点/24失点。とんでもなくゴール数が多かったわけではないことを考えると「クラブ自体がJ3の舞台で覚醒した。」と言える。前半戦のJ3の主役と言える。 投票 ・ 【J1】 「エンターテイメント性の高いサッカーを見せている」と思うチームは? 42票 ・ 【J2】 「エンターテイメント性の高いサッカーを見せている」と思うチームは? 67票 ・ 【J3】 「エンターテイメント性の高いサッカーを見せている」と思うチームは? 14票 ・ 【J1】 「あなたが選ぶ前半戦のJ1のベストイレブン」はどんな11人ですか? 899票 ・ 【J2】 「あなたが選ぶ前半戦のJ2のベストイレブン」はどんな11人ですか? 321票 ・ 【J3】 「あなたが選ぶ前半戦のJ3のベストイレブン」はどんな11人ですか? 55票 ・ 【J1】 「前半戦の最優秀監督賞の候補」に推したい監督は誰ですか? 254票 ・ 【J2】 「前半戦の最優秀監督賞の候補」に推したい監督は誰ですか? 75票 ・ 【J1】 「2017年のベストヤングプレーヤー賞」の候補に推したい選手は誰ですか? 222票 ・ 【J2】 「2017年のベストヤングプレーヤー賞」の候補に推したい選手は誰ですか? 87票 現在の投票数 14票 最大で10チームまで投票することができます。 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。) 関連エントリー 2017/06/01 【ACL】 本当にDF槙野智章(浦和レッズ)に非は無いのか? (vs 済州ユナイテッド) 2017/06/02 【ACL】 本当にDF森脇良太(浦和レッズ)に非は無いのか? (vs 済州ユナイテッド) 2017/06/03 【Jリーグ】 セレッソ大阪は大熊裕司監督を解任すべきか?否か? 2017/06/28 【J1】 サガン鳥栖の『一夜限りの値段のないスタジアム』は失敗だったのか? 2017/06/29 「秋田豊さんは解説のときに鹿島アントラーズの話しかしない。」というのは本当か? (vs 札幌) (前編) 2017/06/30 「秋田豊さんは解説のときに鹿島アントラーズの話しかしない。」というのは本当か? (vs 札幌) (後編) 2017/07/01 【J1】 優勝争いの展望~絶好調の柏とC大阪、追うのは鹿島とG大阪~ 2017/07/01 【J1】 残留争いの展望~札幌・広島・新潟・甲府が中心か?~ 2017/07/11 全記事一覧(2005年-2017年)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...