おすすめ

最新記事

ガンバ大阪対FC東京戦でJリーグ史上初のプロジェクションマッピングを ... - Goal.com

11日のG大阪対FC東京で、Jリーグ史上初のプロジェクションマッピングイベントが開催される。バイエルン・ミュンヘンのスタジアム演出を手掛けた実績のあるパナソニックが技術面でサポートする。ガンバ大阪は6日、市立吹田サッカースタジアムで11日に行われる明治安田生命J1リーグ第3節・FC東京戦にて、Jリーグ史上初となるサッカーフィールド上でのプロジェクションマッピングイベント(フィールドプロジェクションマッピング)を実施すると発表した。実施される時間はキックオフの10分前、18時50分ごろに行われる試合前選手紹介時(センターサークル部分)と、試合終了後の21時ごろ(ピッチ全面)となっている。プロジェクションマッピングとは、建物など立体物の面に映像を映し出す技術のこと。今回のイベントでは、パナソニック株式会社がテクノロジーパートナーとして、大規模プロジェクションマッピング技術でサポート。超高輝度レーザー光源プロジェクターを使用し、瞬時に照射輝度を変えられる最新鋭のLED投光器を備えた、市立吹田サッカースタジアムならではイベントとなる。パナソニックはバイエルン・ミュンヘンのスタジアム演出を手掛けた実績があり、さらにリオデジャネイロ・オリンピックで培った大規模プロジェクション映像演出ソリューションを用いることで、これまでにない感動と興奮を体験できるはずだ。チケットは現在販売中となっている。●Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
...