おすすめ

最新記事

マインツは新監督初陣のヴォルフスブルクとドロー決着…先発出場の武藤は67分までプレー

ブンデスリーガ第23節が4日に行われ、FW武藤嘉紀の所属するマインツとヴォルフスブルクが対戦した。

今季2度目のリーグ戦連勝を狙うマインツは、武藤が先発出場。対するヴォルフスブルクは、先月26日にヴァレリアン・イスマエル監督を解任。アンドリース・ヨンカー監督の初陣となった一戦には、今冬にマインツから加入したユヌス・マッリが先発メンバーに名を連ねた。

【スコア】
マインツ 1-1 ヴォルフスブルク
【得点者】
0-1 20分 マリオ・ゴメス(ヴォルフスブルク)
1-1 24分 ジョン・コルドバ(マインツ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00558849-soccerk-socc先発出場の武藤は67分までプレーした
20分、右からのCKにファーサイドのマリオ・ゴメスが頭で合わせて、アウェーのヴォルフスブルクが先手を取る。しかし、その4分後の24分、右サイドでボールを奪ったレヴィン・エズトゥナリがエリア内に進入。GKクーン・カステールスが飛び出すが、折り返しをジョン・コルドバがフリーで流し込み同点とする。30分にはエリア左でパスを受けた武藤が、左足でシュートを放つもゴール右に外れた。前半は1-1で終える。

後半に入り67分、武藤に代えてハイロ・サンペリオが投入される。その後は中盤での攻防が続き、両チームともに決定機を作ることができない。87分には途中出場のハイロが強烈なミドルシュートを放ったが、カステールスのセーブに阻まれた。その直後のCKでニアのパブロ・デ・ブラシスが頭で合わせたが、わずかに枠を外れた。

試合は1-1のままタイムアップ。両チーム勝ち点1を分け合った。
マインツは次節、11日にアウェーでダルムシュタットと対戦。ヴォルフスブルクは同日にライプツィヒとのアウェーゲームに臨む。
このエントリーをはてなブックマークに追加
...