おすすめ

最新記事

マンUがサポーター500人におもてなし…ロシア入国ビザ申請料500人分、840万円をクラブ負担

マンチェスター・ユナイテッドはUEFAヨーロッパリーグ(EL)のベスト16でロシアのFCロストフと対戦する。過密日程のなかで組まれたロシア長距離遠征にはジョゼ・モウリーニョ監督も頭を抱えるが、同様に応援のために大きな負担を抱えることになったサポーターのためにも手厚い“おもてなし”を準備していることが分かった。

英紙「デイリー・メール」によると、9日に予定されている敵地でのベスト16第1戦でロシアまで遠征するサポーターに対して、ロシア入国ビザの申請料をクラブが負担することになったという。一人頭約120ポンド(約1万6800円)、でサポーター500人全員分の計6万ポンド(約840万円)を肩代わりするという。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170301-00010025-soccermzw-soccEL16強第1戦は敵地ロストフ戦、マンUがサポーターの負担軽減措置を講じる
ロストフはモスクワの北東にあるネロ湖に面した小さな都市で、マンチェスターからの往復距離はおよそ6000kmにも及ぶ。記事では「ザ・レッド・デビルズ(赤い悪魔、ユナイテッドの愛称)はチェルシー戦の前に悪夢の3477マイル(約6025km)往復」と紹介されている。

選手はもちろん、スタジアムに駆けつけて応援するサポーターにとっても大きな負担となる。クラブはその負担を少しでも軽減するための措置を取ったようだ。

ユナイテッドは4日にマンチェスターでボーンマスと対戦した後、ロストフの地でFCロストフと対戦。中3日でFA杯の敵地チェルシー戦となる。さらに中2日で今度はホームでのロストフ戦、その後は再び中2日でミドルスブラとアウェーゲームという超過密日程が組まれている。25日にリーグカップ決勝でサウサンプトンを3-2で下し、開幕直前のコミュニティーシールドに続くタイトルを獲得した。ELとFA杯でも着実に勝ち上がっており、プレミアリーグを含めた参加全コンペティションで優勝の可能性を残している。
このエントリーをはてなブックマークに追加
...