おすすめ

最新記事

ミラン、バッカの2ゴールで3連勝…スソが負傷交代も本田は出番なし

セリエA第27節が4日に行われ、日本代表FW本田圭佑の所属するミランとキエーヴォが対戦した。本田は17試合連続のベンチスタートとなった。

現在2連勝中で4試合負けなしと復調した7位ミラン。今節は11位につけるキエーヴォをホームに迎えた。先発メンバーには、スソ、カルロス・バッカ、ジェラール・デウロフェウらが名を連ねた。

【スコア】
ミラン 3-1 キエーヴォ
【得点者】
1-0 24分 カルロス・バッカ(ミラン)
1-1 43分 ジョナタン・デ・グズマン(キエーヴォ)
2-1 70分 カルロス・バッカ(ミラン)
3-1 82分 ジャンルカ・ラパドゥーラ(ミラン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00558852-soccerk-socc苦しみながらもバッカの2ゴールなどで勝ち点3を獲得
試合はミランが先制に成功する。デウロフェウからのスルーパスでエリア内左に抜け出したバッカが、中央へ切り込んで右足を振り抜くと、シュートはGKの足に当たるが、そのままゴールに吸い込まれた。先制したミランだが、アクシデントが発生。34分にスソが負傷交代となり、ルーカス・オカンポスが送り出された。

その後も攻勢に出ていたミランだが、40分にマッティア・デ・シリオのファールでPKを献上。43分、このPKをジョナタン・デ・グズマンにゴール左下隅に決められた。同点とされたミランも、前半アディショナルタイム2分に相手のハンドでPKを獲得。しかし、キッカーのバッカが大きく外してしまい、勝ち越しのチャンスを逃した、前半は1-1で折り返す。

試合が再び動いたのは70分、右CKを得たミランはニアサイドでアレッシオ・ロマニョーリが頭で合わせるが、枠を捉えられない。だが、ゴール前のバッカがそれに反応し、右足ダイレクトボレーでゴールネットを揺らした。

さらに82分には、ジャンルカ・ラパドゥーラがPKをゴール右下に決めてリードを3点に広げた。キエーヴォの反撃も受けたミランだが、GKジャンルイジ・ドンナルンマらを中心に守りきり、このまま3-1で3連勝を収めた。なお、本田は11試合連続で出番なしとなった。
ミランは次節、10日に敵地でユヴェントスと対戦。キエーヴォは12日にエンポリをホームに迎える。
このエントリーをはてなブックマークに追加
...