おすすめ

最新記事

本田アシスト記録、攻撃の起点となって奮闘も…パチューカ辛くもドロー


[1.13 メキシコ1部 アメリカ2-2パチューカ]

MF本田圭佑の所属するパチューカは13日、後期第2節のアメリカ戦を敵地で行い、2-2となった。パチューカは1分1敗。本田はフル出場。後半2分の得点をアシストした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-01649443-gekisaka-soccフル出場したMF本田圭佑は1アシストを記録した

開始3分に与えたPKをGKアルフォンソン・ブランコのセーブによって何とか失点を防いだパチューカだったが、同14分に右クロスをFWオリベ・ペラルタに鮮やかなボレーで合わされ、先制を許す。

シュートが枠に2度嫌われるなど運も味方しなかったパチューカだが、後半2分、右サイドから本田が蹴ったCKをDFオスカル・ムリージョが頭で合わせて、スコアをタイに戻した。

その後パチューカは後半30分にFWエンリ・マルティンに勝ち越しゴールを許してしまうが、同44分、右サイドで本田のパスを受けたDFロバート・エレーラのクロスをFWセバスティアン・パラシオスが頭で折り返す。最後はMFビクトル・グスマンが押し込むゴールで何とかドローに持ち込んだ。

パチューカはこれで後期の成績を1分け1敗としている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
...