おすすめ

最新記事

猶本光が同点弾!U-23日本女子はノルウェーとドローで2戦白星なし

スペイン遠征中のU-23日本女子代表は4日、ラ・マンガ国際大会第2戦でU-23ノルウェー女子代表と対戦し、2-2で引き分けた。6日に第3戦でU-23スウェーデン女子代表と対戦する。

2日に行われたU-23アメリカ女子代表との初戦は0-2で敗れた日本。アメリカ戦から先発を9人変更して臨んだこの試合では前半21分、間接FKからMF猶本光が蹴ったボールが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ、日本が先制点。しかし、後半の立ち上がりに2失点し、逆転を許してしまう。それでも、後半27分に猶本が技ありシュートを決め、2-2で引き分けた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-01637481-gekisaka-socc同点ゴールを決めた猶本光

日本サッカー協会(JFA)によると、池田太監督は「前半はブロックを作って守備をしてきた相手に対して、効果的な攻撃ができませんでした。後半の入り方や自陣でのミスからの失点は繰り返してはなりません。落ち着きを取り戻した終盤は、モビリティや相手の間でボールを受けるなどしてリズムを取り戻すことが出来ました。相手に圧力をかけ続けて同点にしたことは評価したいです。スペインに来てから選手たちは様々なことを吸収していることは確かです。次のスウェーデン戦で結果として表してくれることを期待しています」とコメントしている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
...