おすすめ

最新記事

田中亜土夢がC大阪に加入、4年ぶりに国内復帰。「タイトルを取るために来ました」

1
J1のセレッソ大阪は6日、フィンランドのHJKヘルシンキに所属していたMF田中亜土夢が完全移籍で加入することが決定したと発表した。

現在30歳の田中は、2005年に前橋育英高校からアルビレックス新潟に加入してプロデビュー。10年間の在籍でJ1通算200試合に出場したあと、2015年にフィンランドの強豪HJKへ移籍した。

HJKでは1年目からレギュラーとして活躍し、2015年、16年はいずれもリーグベストイレブンを受賞。2017シーズンにはリーグ優勝とカップ優勝の国内2冠を成し遂げた。昨年10月には2017シーズン限りでの退団が発表されていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00250060-footballc-socc田中亜土夢がセレッソ大阪へ加入
2
「タイトルを取る為にやってまいりました!自分のプレースタイルをこのセレッソで表現して闘います!応援宜しくお願いします」と田中はクラブ公式サイトでコメントを述べ、4シーズンぶりとなるJリーグでの活躍を誓っている。

また、C大阪は韓国の浦港スティーラーズから31歳の韓国代表FWヤン・ドンヒョンを獲得したことも6日に発表した。Kリーグで通算236試合出場69得点を記録している経験豊富なFWは「早く順応し、チームの望んでいる姿を見せることができるように努力します。そして、クラブとサポーターの皆さんの期待に応えられるよう最善を尽くします」とコメントしている。HJKヘルシンキ(フィンランド)から #田中亜土夢 選手が完全移籍で加入します。
「タイトルを取るためにやってまいりました!」と力強いコメントをくれた亜土夢選手へのウェルカムメッセージはこちらへお願いします→ https://t.co/IPFS6W4LhE #cerezo #セレッソ大阪 pic.twitter.com/xB1a99vVUw— セレッソ大阪オフィシャル (@crz_official) 2018年1月6日
田中亜土夢は昨年10月に自身のツイッター上でヘルシンキ退団の意向を明らかにしており、去就に注目が集まっていた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
...