おすすめ

最新記事

銀河系軍団に次ぐスター!? クラブW杯出場の本田に地元紙注目「最大のビッグネーム」

1
FIFAクラブ・ワールドカップ(W杯)は、現地時間6日からUAEで開幕。FW本田圭佑が所属する北中米カリブ海王者パチューカは、9日に南米王者ウィダード・カサブランカ(モロッコ)と準々決勝を戦う。地元UAEメディア「ガルフニュース」は、大会初出場となる背番号02について、前回大会覇者で欧州代表レアル・マドリードのスター軍団に次ぐ「最大のビッグネーム」と紹介している。

北中米カリブ海代表として、2010年大会以来4度目となるクラブ世界一決定戦に参戦するパチューカ。UAEメディアは、今季新加入の本田に注目しているようだ。

「アジアからの特別な興味は、メキシコのチームに所属するケイスケ・ホンダに注がれる。来年のロシアW杯のステージに辿り着くパフォーマンスを見せることができるのか」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171207-00010015-soccermzw-soccUAEメディアは、パチューカに今季新加入の本田に注目
2
記事では、今年9月のW杯アジア最終予選からハリルジャパンに招集されていない本田が、代表での生き残りをかけた大会になる可能性を指摘。そして、「31歳の元ACミランのミッドフィルダーは、カーブするフリーキックとブリーチされた金髪で知られている。レアル・マドリードのドレッシングルーム以外では、今月の大会で最大のビッグネームだろう」と、銀河系軍団に次ぐビッグネームとして紹介している。

本田は昨季までセリエAの名門ミランで背番号10を背負ったが、6月いっぱいで契約満了となり、メキシコに新天地を求めた。今季はまだ鳴りを潜めているが、左足から繰り出すフリーキックと“代名詞”の金髪はUAEでも高い知名度を誇っているようだ。

記事によれば、チームを率いるディエゴ・アロンソ監督は「もしも、全て計画通りなら、我々は3つの異なる相手を迎え入れることになる。相手のスタイルに適応し、無力化し、我々の強みを押し出したい」と語ったという。

初戦のウィダード戦に勝利すれば、準決勝で南米王者グレミオ、そして決勝ないしは3位決定戦も待っている。アジア王者浦和レッズやレアルと対決する可能性もあるパチューカだが、本田はその実力を示すことができるだろうか。本田圭佑、クラブワールドカップへの意気込み〜Habla Ksk Honda, Como nos preparamos bien, Nada más nos toca poner de nuestra parte. Me gustaría disfrutar este Mundial de Clubes. #本田圭佑 #クラブワールドカップ #keisukehonda #パチューカ #tvazteca #テレビアステカ @kskgroup2017 @Tuzos pic.twitter.com/z3ALyLOxoM— Nishinocometa (@cometaynishino) 2017年12月5日
パチューカの初戦は、9日に行われる準々決勝のウィダード・カサブランカ戦。この試合に勝利すれば、12日に決勝進出を懸けてグレミオと対戦する予定となっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
...