おすすめ

最新記事

長友がSNSで新年の挨拶「遂にW杯の年がやってきました。自分らしく突き進みます」

1
W杯イヤーである2018年を迎え、日本代表DF長友佑都が自身のツイッターで新年への意気込みを語っている。

長友は「去年は日本代表で100試合、インテルで200試合を達成し、そして妻の愛梨と結婚し、新しい命も授かり最高の年となりました」と17年を振り返る。そして今年について「そして今年は遂にW杯の年がやってきました。気が引き締まります。自分らしく突き進みます」と意気込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-01648698-gekisaka-soccDF長友佑都がSNSで新年の挨拶
みなさん明けましておめでとうございます。
去年は日本代表で100試合、インテルで200試合を達成し、そして妻の愛梨と結婚し、新しい命も授かり最高の年となりました。
そして今年は遂にW杯の年がやってきました。
気が引き締まります。
自分らしく突き進みます。
今年も応援よろしくお願いします!— Yuto Nagatomo | 長友佑都 (@YutoNagatomo5) 2018年1月1日
2018年明けましておめでとうございます✨
昨年は温かく送り出して下さり本当にありがとうございました。
自分自身で決断し今の生活を送らせて頂けてる環境に喜びと感謝しかありません。
Twitterでコミュニケーションとれることを嬉しく思います♡
今年も姉妹、夫婦共々、よろしくお願い致します。 pic.twitter.com/0oRJCGnBnW— 平愛梨 (@harikiri_tairi) 2018年1月1日
代表とクラブで節目を乗り越えた長友だが、インテルではリーグ戦7試合連続で出場なしが続いている。しかし幾度と苦境を乗り越え、不死鳥のようにピッチに舞い戻った長友にとって、この状況すら自らを奮い立たせるカンフル剤なのかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
...