おすすめ

最新記事

高校選手権を沸かせた「Jリーグ内定者&大学進学者」 新たな舞台で“再戦”&'“初対決”へ - ニコニコニュース

優勝した前橋育英の選手同士が早くもJリーグの舞台で対決するか 第96回全国高校サッカー選手権は前橋育英(群馬)の初優勝に終わった。活躍が目立ったのはJリーグ内定者だ。鮮烈なゴールラッシュに最終ラインの冷静な統率、中盤でのテクニカルなプレーとそれぞれ持ち味を見せてくれたが、気になるのは煌めきを見せた彼らの今後だろう。 まずは今大会に出場した主なJリーグ内定者は以下の通りだ。DF松田 陸(前橋育英)→ガンバ大阪渡邊泰基(前橋育英)→アルビレックス新潟阿部海大(東福岡)→ファジアーノ岡山 MF高橋大悟(神村学園)→清水エスパルス郷家友太(青森山田)→ヴィッセル神戸福田湧矢(東福岡)→ガンバ大阪 FW安藤瑞季(長崎総科大附)→セレッソ大阪坪井清志郎(富山第一)→徳島ヴォルティス佐相壱明(昌平)→大宮アルディージャ佐藤颯汰(日章学園)→ギラヴァンツ北九州 FWの4人はそれぞれゴールを決めている。特に安藤は前年度王者・青森山田を沈めるファインゴールを叩き込むなど3試合連続ゴールと鮮烈な印象だった。この中でG大阪とC大阪はU-23チームも保有している。早くも来季、J3の舞台で渡邊&福田のチームメート、もしくは“ミニ大阪ダービー”で、選手権では実現しなかった安藤vs松田のマッチアップが見られるかもしれない。得点王は法政大へ、大学での激突にも注目 埼玉スタジアムを沸かせた選手は、大学に進む選手も多い。優勝した前橋育英では、輝きを放った7ゴールで今大会得点王に輝いたFW飯島陸、抜群のキャプテンシーを発揮したMF田部井悠は法政大、その双子の兄であるMF田部井涼は早稲田大、DF角田涼太郎は筑波大へと進学予定となっている。 一方、準優勝の流通経済大学柏の10番を背負ったMF菊地泰智が流通経済大に進むため、関東大学リーグでの再戦、もしくは“初対決”にも注目が集まりそうだ。初戦敗退に終わったものの山梨学院の重戦車系FW加藤拓己も早稲田大に進学。その得点能力に磨きをかけられるか。 選手権の大舞台に立てなかった選手にも逸材は多い。流通経済大柏に千葉県大会決勝で敗れた市立船橋GK長谷川凌(→水戸ホーリーホック)、DF杉山弾斗(→ジェフユナイテッド千葉)、FW福元友哉(→ファジアーノ岡山)、興国高校のFW大垣勇樹(→名古屋グランパス)、MF西村恭史(→清水エスパルス)、MF島津頼盛(→ツエーゲン金沢)と、それぞれ3人のJ内定者がいるのが代表例だ。 その他にも、鹿児島城西DF生駒仁(→横浜F・マリノス)や市立長野MF新井光(→湘南ベルマーレ)のようなJ1クラブへの挑戦を決めた選手もいる。高校サッカーでの3年間はゴールではなく、未来につながる階段である。東京五輪世代でもある彼らの競争が、日本サッカー新世代を支えるのは間違いない。【了】フットボールゾーンウェブ編集部●文 textbyFootballZONEwebフットボールゾーンウェブ編集部●写真 photobyFootballZONEwebフットボールゾーンウェブ
このエントリーをはてなブックマークに追加
...