おすすめ

最新記事

【J2】 「お粗末だった。」と言える横浜FCのオウンゴールの場面

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。 持ち直して来た町田ゼルビア 4月15日(土)に行われたJ2の第8節の町田ゼルビア vs 横浜FCの試合は1対0でホームの町田が勝利した。怪我の影響でエースのFW鈴木孝を開幕から欠く状態が続いている町田は開幕6試合を終えた時点で1勝2敗3分けと苦しんでいた。出だしで躓いたが、7節の福岡戦(A)は0対1とリードされた中、後半42分と後半45分と後半50分にFW中島裕が3連続ゴールを決めて3対1で勝利。劇的な形で勝ち点「3」を獲得した。 この試合は町田のCBのDF増田が後半25分に2枚目のイエローカードを受けて退場。1点ビハインドの中、数的不利となる絶対絶命の状況だったが、ベテランのFW中島裕が奮起した。わずか8分ほどでハットトリック達成したことになるが、神がかり的な活躍だったと言える。7節の福岡戦(A)の勝利が今シーズン2勝目で、8節の横浜FC戦(H)の勝利が今シーズン3勝目。2連勝したことで順位も11位まで上がって来た。 結局、8節を終えた時点で3勝2敗3分けなのでまずまずの成績と言える。近年はJ3からの昇格組が1年目のJ2で旋風を巻き起こすケースが増えている。2015年は金沢が躍進して、2016年は山口と町田が奮闘した。大きなインパクトを残したが、やはり、J2の世界は甘くはない。2016年は昇格2年目の金沢が下位に低迷。21位で入替戦に回った。今シーズンは山口がここまで21位。苦しんでいるが町田は持ち直して来た。 Jリーグでは滅多に見られない形のオウンゴール 8節の町田 vs 横浜FCの決勝ゴールは後半29分に生まれた。記録は横浜FCのDF西河のオウンゴールとなるが、承知のとおりで、横浜FCのキーパーのGK高丘のバックパスの処理ミスが原因だった。比較的、イージーなボールだったので、GK高丘は「どこにフィードすべきなのか?」に神経を集中されており、ボールコントロールが疎かになった。Jリーグの試合では滅多に見られない凡ミスから生まれたゴールだった。 6節の金沢 vs 群馬で生まれたFW中美のゴールも「群馬のキーパーのGK牲川の凡ミス」と言えるようなお粗末なゴールになったがインパクトとしてはそれ以上である。キーパーの選手がこういう感じでミスを犯して失点するケースはやはりプロレベルでは少ないのでこのプレーのことをGK高丘はいつまでも言われ続けることになると思うが、精神的に引きずることなく早く気持ちを切り替えなければいけない。 町田 vs 横浜FCのオウンゴールの場面をリプレーで繰り返し見たが、まず言えるのは「町田のFW戸島のチェイシングが非常に良かった。」ということである。FW戸島は191センチとサイズがあって、しかも、長身の割にはスピードもある。当然、そういう選手がチェイスして来たので対処したDF西河ならびにGK高丘には幾分かのプレッシャーになったと思うが、それでも両選手ともある程度以上の余裕はあった。 バックパスをしたDF西河にも非がある。 GK高丘のボールコントロールのミスが無ければ何の問題もなく試合が流れていたのは確かであるが、CBのDF西河のパスが丁寧でなかったのも確かである。「バックパスの時は(万が一のことを考えて)ゴールに向かっていくパスを出してはいけない。」というのはサッカーの世界では基本中の基本であるがこの場面では守られていなかった。それなりに余裕のある状況だったことを考えるとDF西河にも失点の責任はある。 Jリーグの試合を観ているとこういう形のバックパスのミスがゴールにつながることは稀であるが、ボールコントロールと判断のミスが重なって「危うくオウンゴール」という場面は決して少なくない。もちろん、ボールコントロールという大事なプレーに対する意識が薄れてトラップをミスしたGK高丘に一番の責任があるのは間違いないが、「サッカーの基本」が守られていなかったいう意味ではDF西河にも非がある。 最近のキーパーは足元の技術が高い選手が多い。どちらかというと足元の技術がないキーパーを探す方が難しくなってきたので、一昔前とはキーパーの足元の技術に対する信頼感は段違いだと思うが、それでも何かの拍子でバックパスがそのままゴールに入ってしまう形のオウンゴールだけは避けなければいけない。Jリーガーはもちろんのこと、普通にサッカーをしている人にとってもいい教訓にしなければいけない。 付け加えると(味方からのバックパスではなくて)相手のロングパスやシュートなどがキーパーのところに飛んで来た時、ドフリーでイージーに処理できるような場面になると(手を使える状況であるにもかかわらず)浮き球のボールを胸や足先でコントロールするキーパーが増えているがこれもリスクのあるプレーである。不規則な回転がかかっているとイレギュラーすることもある。いい判断には思えない。 関連エントリー 2017/04/08 【Jリーグ】 54クラブの中で「サポーターの応援が凄いクラブ」はどこだろうか? 2017/04/09 【Jリーグ】 54クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」はどこだろうか? 2017/04/09 【Jリーグ】 54クラブの中で「外国人選手を発掘するのが上手なクラブ」はどこだろうか? 2017/04/10 【Jリーグ】 54クラブの中で「ユースチームから良い選手が続々と出てくるクラブ」はどこだろうか? 2017/04/10 【Jリーグ】 54クラブの中で「フロントが優秀なクラブ」はどこだろうか? 2017/04/10 【Jリーグ】 54クラブの中で「サポーターの応援がユニークで面白いクラブ」はどこだろうか? 2017/04/11 【Jリーグ】 54クラブの中で「補強の上手なクラブ」はどこだろうか? 2017/04/18 【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(キーパー編) (2017年版) 2017/04/20 【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(右SB/WB編) (2017年版) 2017/04/21 J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
...