おすすめ

最新記事

2018年版「Jリーグ推定市場価格トップ30」発表 10傑に日本人5人、栄えある1位は… - ニコニコニュース

独メディアが6日に最新の市場価格を発表、ハイパフォーマンス披露の選手が選出 2017シーズンのJリーグが終わり、新シーズンに向けて選手の出入りが徐々に激しくなるなか、6日にドイツ移籍専門サイト「トランスファーマルクト」がJリーグ在籍選手の最新市場価格を発表した。すでにJリーグへの移籍が発表されている新顔なども加えながら、各選手の市場における評価額をはじき出している。2018年の最新市場価格トップ30はどのような顔触れとなったのか。 20位以降では、J1リーグ初優勝を飾った川崎の日本代表DF車屋紳太郎(30位/1億9056万円)やDFエウシーニョ(25位/1億9737万円)、GKチョン・ソンリョン(23位/2億145万円)らがランクイン。また台頭著しい柏レイソルの日本代表GK中村航輔(20位/2億418万円)も名を連ねており、軒並みハイパフォーマンスで評価額を高めている。 10位台では、AFCアジアチャンピオンズリーグを制した浦和レッズの日本代表DF槙野智章(17位/2億2459万円)や、MF柏木陽介(11位/2億3821万円)らが入った。一方、ルヴァンカップと天皇杯で二冠を達成したセレッソ大阪で、中盤のダイナモとして機能したブラジル人MFソウザ(11位/2億3821万円)も上位に名前が記されている。 栄えあるトップ10には、日本人5人がランクイン。川崎の最終ラインで堅実な守備を披露した日本代表MF谷口彰悟(10位/2億4501万円)、鹿島の攻撃をけん引した日本代表FW金崎夢生(8位/2億6543万円)、得点ランク2位の22ゴールを叩き出したC大阪のFW杉本健勇(6位/2億7224万円)らが食い込んだ。日本人で最高評価を得たJリーガーは? 23ゴールで自身初のJ1リーグ得点王&リーグMVPをダブル受賞した川崎FW小林悠が、4位の3億1307万円。ヴィッセル神戸に加入して注目を集めた元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが3位の3億4030万円となっている。 日本人最高位はスペインのセビージャから、古巣C大阪に帰還した日本代表MF清武弘嗣(2位/4億4239万円)。評価額は2億3800万円ほど下落したが、それでもJリーグの日本人選手の中で最高評価となった。 栄えあるトップは、2018シーズンからJ1昇格の名古屋グランパスに加入する元ブラジル代表FWジョーで5億4448万円。昨年のブラジル全国選手権1部で18ゴールを挙げて得点王となり、MVPを受賞。かつてマンチェスター・シティにも在籍した30歳のアタッカーで、まだJリーグでプレーしていないにもかかわらず、大物ぶりを見せつけている。【了】フットボールゾーンウェブ編集部●文 textbyFootballZONEwebゲッティイメージズ●写真 photobyGettyImagesフットボールゾーンウェブ
このエントリーをはてなブックマークに追加
...