おすすめ

最新記事

C大阪、杉本技あり弾を守りきれず…磐田は川又の劇的同点弾でドロー決着


2017明治安田生命J1リーグ第23節が19日に行われ、ジュビロ磐田とセレッソ大阪が対戦した。

6位の磐田は川又堅碁、アダイウトン、中村俊輔らが先発。対する2位C大阪は得点ランキングトップタイの杉本健勇や山口蛍、柿谷曜一朗らがスタメンに名を連ねた。

【スコア】
ジュビロ磐田 1-1 セレッソ大阪
【得点者】
0-1 37分 杉本健勇(セレッソ大阪)
1-1 86分 川又堅碁(ジュビロ磐田)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00629782-soccerk-soccC大阪と磐田の一戦は終盤の同点弾でドローに

ホームの磐田が試合をやや優勢に進める前半だったが、試合を動かしたのはC大阪だった。37分、右サイドから水沼宏太が低い弾道のクロスを送る。ニアサイドに走り込んだ杉本が右足で器用に合わせ、ゴール左に流し込んだ。今シーズン14ゴール目となる杉本の技あり弾でC大阪が先制した。

一進一退の攻防が続いた後半。63分にはまたしても右サイドの水沼から精度の高いクロスが入り、走り込んだ杉本が頭で合わせたが惜しくもポストに嫌われる。杉本はポストを叩いて悔しがった。

すると86分、磐田が右サイドでコーナーキックを獲得すると、ショートコーナーを選択。パス交換から中村がクロスを上げると川又がヘディングシュート。これがゴール左に突き刺さり土壇場で試合を振り出しに戻す。

試合はこのまま終了し、白熱の一戦はドローに終わった。次節、ジュビロ磐田は26日にホームでヴィッセル神戸と、セレッソ大阪はホームで首位鹿島アントラーズと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加
...